リフォーム時に近所への挨拶は必要?

この記事の所要時間: 233

リフォームの挨拶

リフォームを行う時には、工事の方法によって音や臭いが発生します。
工事はどうしても音や臭いが出てしまうものなので、リフォームを行う際にはどうしても近隣に住む人々に影響を及ぼしてしまう事があります。

このリフォーム時の音や臭いで与える影響をどうするかは、リフォームにおいて時に最重要とされる課題になることもあります。

リフォーム工事で考えられる近隣への影響

リフォーム工事にもよりますが、まずは作業員の声や作業中の音があります。
外壁塗装など外での作業は作業員が大声を出したり、作業中に塗料の臭いがする事があります。

家の中のリフォーム工事でも、解体の音や廃材の運び出しなどは音がします。
車の音や作業員の出入りがあれば、どうしても音が近隣に響いてしまう事もあります。

作業に必要な車が道路を塞いでしまうといった事も考えられます。
資材の積み下ろしなどは、どうしても車を現場のそばに止める事になるので、この間は通行の妨げになる場合もあります。

リフォーム工事では、作業音と臭いという2つが近隣に迷惑をかける事が考えられます。
これはどうしても避けられないので、程度はありますが近隣には必ず何らかの影響を与えてしまう可能性があるというわけです。

リフォームをするときに近所への挨拶は必要か?

リフォーム工事前に挨拶をする理由は、トラブルの防止です。
事前にお断りをして了解を得る事で、トラブルを未然に防いでしまうという意味があります。

基本的に日本の文化では何かを行う時には挨拶をする事が慣習としてあります。
特に周囲への影響があるようなリフォームの場合は、事前に挨拶をして迷惑をかけることを詫びておくという文化があるので、リフォームをする時に何らかの影響が周囲の人にあるのなら挨拶はしておいたほうが良いでしょう。

基本的には業者で挨拶はやってくれる

リフォームを行う場合、周囲へ影響がある時はリフォーム業者が周囲への挨拶をするのが基本的です。
リフォーム業者が行う周囲への挨拶は、粗品とリフォームを行う際に発生する騒音や臭いが発生するかもしれないこと、リフォーム工事の期間など挨拶文がポストなどに投函されます。
1軒ずつ訪ね歩いて、呼び鈴を鳴らし挨拶をするというようなことはほとんどなく、簡易的なものがほとんどです。

近隣とあまり関わりを持っていない場合は、業者が行う挨拶でも特に問題はありません。
しかし、ご近所付き合いがある場合は業者任せにはしない方が良い場合もあります。

近所付き合いがある場合は

近所との良好な付き合いがある場合、リフォーム工事による騒音や臭いは関係を壊してしまうかもしれません。
これは相手の感性などにも大きく影響しますが、近所との付き合いがある場合は自身で挨拶をした方が良いでしょう。
簡単な粗品とリフォームをするので音や臭いが出るかもしれないことを知らせておくだけで、後々のトラブルを未然に防ぎやすくなります。

あなたの見積もりは大丈夫?【100万以上安くなる事もあります】

リフォームにて実際に見積もりを取って見る人は多いと思います。
しかし、本当にその価格が適正かどうか分かる人は少ないのではないでしょうか。

実際に相場以上に請求された方も多くいます。
複数の業者と比較をすることで、100万円以上安くなる事例もありました。

国民生活センターでは、1日平均で15件以上の相談もあるほどです。

【リノコで適正価格診断】

  • 約10秒で概算の適正価格を知る事が出来る
  • 完全無料
  • 設立年数、口コミ調査、施工実績のある業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘がない

適正価格を診断できるというメリットだけではなく、相談員が在籍しており無料相談が可能です。
業者紹介の際には、不安・不明点をヒアリングして紹介するので、しつこい営業などもありません。

リノコの画像

既に見積もりをした方も、適正価格を知るためにも一括見積もりする事をオススメします。

⇒「>>簡単10秒!リフォームの適正診断を試してみる。
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする