銀行でリフォームの資金調達

この記事の所要時間: 231

銀行でリフォームの資金調達

リフォームをする上で必ず必要になるものが資金調達です。

資金は先に用意して、資金内で出来る範囲のリフォーム計画を建てるか、先に希望するリフォーム計画を建てて必要な資金は後から用意するかの2択になりますが、どちらにしても計画を建てるようなリフォームにはある程度の資金が必要です。

その資金をどこから用意するのかは、リフォームを行う上で最初の難題になります。

リフォーム資金は自己資金で用意するのが一番良いのですが、数百万円もかかるようなリフォームになれば自己資金で済ませるのもなかなか難しいものです。

リフォーム資金調達の手段はいくつかありますが、一番無難と言えるのが銀行からの借り入れです。

銀行からリフォーム資金を確保する

銀行から借り入れをしてリフォーム資金を確保する場合、フリーローンでも良いのですが住宅ローンも利用できます。

銀行では色々なお金の借り方ができますが、住宅ローンの方が利息が安く控除も適応される事があるので借り入れという選択をするのなら優先的に選択した方が全ての面で有利です。

借り方は通常の住宅ローンと同じで、違いは借入金の使い道が住宅の購入ではなくリフォームであることのみです。

民間の貸金業者にも同じようなものがありますが、銀行の住宅ローンは金利が安く借入額の幅も広いのであらゆるリフォームの資金源に出来ます。

ただし、土地や住宅、またはその他の資産に抵当権がついてしまう、審査に時間が掛かる、審査を通るのが民間貸金業者に比べると難しいと言った難点もあります。
その分金利が安いのでお金を借りる上での負担としては軽く、使い勝手の良い資金調達方法です。

特に理由がない限りは、リフォームの資金調達は銀行の住宅ローンを優先して使う事を強くオススメします。

既に住宅ローンがある場合

既に住宅ローンがある場合でもリフォームのために新たに借り入れを受ける事はできます。
ただし、住宅ローンを借り入れてからまだ間がない、借入額がまだ多く残っている、収入が減ってしまったなどの理由で借り入れが出来ない事もあります。
この他、信用情報機関に延滞や不払いといった事故情報が残っている場合は高い確率で借り入れが出来ません。

また、住宅ローンは借入額を年収(または世帯収入)の3分の1までに制限している総量規制の影響はありませんが、総量規制の適用外といっても借金には違いがないので、全体の借入額が多ければ審査を通過出来ない事もあります。

既に住宅ローンがある場合は審査を通るのが難しくなると考えた方が良いでしょう。
しかし、「借りられない可能性が高くなる」というだけの話であり、銀行によっても審査の基準が違う事があるので、申し込みをしてみない事には分からないのが実情なので、自己判断で決めるのは借りられる機会を失う事になります。
難しいかなと思っていても、自己判断はせずに申込をしてみると良いでしょう。

あなたの見積もりは大丈夫?【100万以上安くなる事もあります】

リフォームにて実際に見積もりを取って見る人は多いと思います。
しかし、本当にその価格が適正かどうか分かる人は少ないのではないでしょうか。

実際に相場以上に請求された方も多くいます。
複数の業者と比較をすることで、100万円以上安くなる事例もありました。

国民生活センターでは、1日平均で15件以上の相談もあるほどです。

【リノコで適正価格診断】

  • 約10秒で概算の適正価格を知る事が出来る
  • 完全無料
  • 設立年数、口コミ調査、施工実績のある業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘がない

適正価格を診断できるというメリットだけではなく、相談員が在籍しており無料相談が可能です。
業者紹介の際には、不安・不明点をヒアリングして紹介するので、しつこい営業などもありません。

リノコの画像

既に見積もりをした方も、適正価格を知るためにも一括見積もりする事をオススメします。

⇒「>>簡単10秒!リフォームの適正診断を試してみる。
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする