リフォームの耐震と免震

この記事の所要時間: 230

リフォームの耐震と免震

地震に対する抵抗力を上げるには、耐震リフォームを行うのが効果的です。
耐震リフォームは建物の形状を変えることなく、大きな揺れにも耐えうる性能を建物にもたらしてくれます。

しかし、近年では耐震よりも「免震」という考え方が広がりつつあり、耐震とともに建物に取り入れることで、より大きな地震に対する抵抗力を得られるようになってきました。

耐震リフォームの限界

耐震とは、文字通り地震のエネルギーに耐えることを意味します。
リフォームで行う耐震化は、建物を補強して大きな揺れが来ても建物が壊れないようにするものです。

耐震リフォームは建物の骨組みに補強を施し、揺れに対して抵抗する力を与えます。
そうすることで建物を揺れから守るのですが、揺れのエネルギーはそのまま直撃している状態なので建物自体は激しく揺れます。
建物は揺れには耐えてくれますが、建物の中は大きな被害を受けてしまいます。

タンスが倒れたり、屋根の瓦が落ちたり、窓ガラスが割れたりという被害は防ぎようがありません。
建物が揺れに耐えなければ、倒壊や半壊といった大きな被害をもたらしますが、例え揺れに耐えられる建物であったとしても、内部に被害が及べばあまり意味がありません。

内部の揺れは中にいる人にも影響します。
例えタンスなどを固定していたとしても、人が揺れにさらされて倒れることもあります。
建物の耐震性を上げることは重要ですが、耐震性を上げるだけでは被害を最小限に抑えきれない事もあります。

耐震から免震へ

耐震という考え方は、日本に住む以上とても大事なものです。
日本は時に大災害をもたらす地震が発生する以上、地震に対する備えは必ずしておく必要があります。

リフォームで耐震性能を上げることは財産や生命を守るためにとても重要なことですが、近年では免震という考え方が主流になってきました。

免震とは、建物にかかる地震のエネルギーを吸収する、受け流す、地震のエネルギー自体を受けないようにするものです。
免震は「耐える」というよりは、揺れを抑えて影響を小さくするという新しい地震への対処法です。

免震は建物に対する揺れを最小限に抑えるため、建物を強くするというよりは弾力性を持たせるようなものです。
骨組みにバネのような衝撃を吸収する構造を取りつけたり、地震を感知すると同時に建物自体を空圧で宙に浮かせて揺れの影響を受けなくするなどの方法で、縦揺れや横揺れに対する衝撃が建物に加わっても影響が出ないようにします。

耐震とは違い揺れ自体を抑えるのが免震なので、例え大きな地震が来たとしても建物自体はもちろん、建物の中もあまり揺れません。

免震はリフォームでも可能で、リフォームの打ち合わせの時に免震を重点にすることを担当者に相談すれば担当者が提案をしてくれます。
免震に加えて耐震もリフォームに取り入れれば、地震に対して大きな強さを発揮します。

あなたの見積もりは大丈夫?【100万以上安くなる事もあります】

リフォームにて実際に見積もりを取って見る人は多いと思います。
しかし、本当にその価格が適正かどうか分かる人は少ないのではないでしょうか。

実際に相場以上に請求された方も多くいます。
複数の業者と比較をすることで、100万円以上安くなる事例もありました。

国民生活センターでは、1日平均で15件以上の相談もあるほどです。

【リノコで適正価格診断】

  • 約10秒で概算の適正価格を知る事が出来る
  • 完全無料
  • 設立年数、口コミ調査、施工実績のある業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘がない

適正価格を診断できるというメリットだけではなく、相談員が在籍しており無料相談が可能です。
業者紹介の際には、不安・不明点をヒアリングして紹介するので、しつこい営業などもありません。

リノコの画像

既に見積もりをした方も、適正価格を知るためにも一括見積もりする事をオススメします。

⇒「>>簡単10秒!リフォームの適正診断を試してみる。
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする