家の内部を全て作り直す全面リフォーム

この記事の所要時間: 230

全面リフォーム

リフォームとは家や家に関係する設備などを作り直し、維持や使いやすさ、景観を確保するためのものです。
家は人が住んでいるだけで維持にはなりますが、それでも経年劣化は発生してしまうのでどこかで限界が来てしまいます。
ある程度は部分的なリフォームで補修ができますが、それもやがて間に合わなくなり部分的なリフォームでも家の維持が出来なくなる時がやってきます。

例え家自体にまだ十分な耐久性があったとしても、前に住んでいた人の痕跡を消したい、何かの境目として家を新たにしたいという場合もあります。

色々な理由はあるにせよ、リフォームはその全てに答えてくれます。
その1つの形が、リフォームによる家の全面改築です。

建て替えではない家の再生

家を全面的にリフォームする大規模なものは、スケルトンリフォームと言われているもので、ある意味リフォームの究極の形です。
手を加えてより良いものにするという意味もあるので、リノベーションリフォームと言われる事もあります。
家の中と外を全て剥ぎ取り、そこに新たな家としての機能を持たせるための工事を行います。
基本的には一戸建ての住宅にしか行えないリフォームですが、マンションの室内にも条件付きで行う事ができます。
この大規模なリフォームは主に賃貸を営むオーナーが、建物をリニューアルする目的で行う事が多いですが、個人でも行なえます。
このリフォームは家の間取りや部屋の様式も変更でき、敷地に余裕があれば増築をして居住空間を増やす事もできます。
規模が大きい分自由度が高いリフォームなので、仕上がりは前の家とは全く違うものになります。

費用は部分的なリフォームよりもはるかに高く、その内容によっては家の建て替えをした方が費用が安くなる事もあります。
上手く計画を作れるとリフォームを部分的に行うよりも安く、またリフォーム計画を立てる時に周りとのバランスを取る必要がなくなります。
最適化されたリフォーム計画さえ作り上げる事ができれば、部分リフォームを繰り返すよりも全体のリフォーム費用が安くなる事も多く、一度に沢山の部分をリフォームする場合の選択肢にもなりえます。
計画の最適化を行うにはリフォーム業者の能力が要求されるので、いかに質の良いリフォーム業者を探せるかも成功に欠かせない要素です。

万が一にも能力の低いリフォーム業者に任せてしまうと、リフォームがデキ派は良いが暮らしにくい家になってしまうと言った取り返しのつかない事態にもなります。
リフォームを取り扱ったテレビ番組でも同様のトラブルが起きているので、スケルトンリフォームを行う時には計画の作成の他に業者選びにも時間を掛ける必要があります。

リフォーム後の出来栄えは計画が良ければ最高のものになりますが、費用と業者の能力による結果の良し悪しという欠点もあるので、スケルトンリフォームを考えているのなら考慮に考慮を重ねてから決断してください。

あなたの見積もりは大丈夫?【100万以上安くなる事もあります】

リフォームにて実際に見積もりを取って見る人は多いと思います。
しかし、本当にその価格が適正かどうか分かる人は少ないのではないでしょうか。

実際に相場以上に請求された方も多くいます。
複数の業者と比較をすることで、100万円以上安くなる事例もありました。

国民生活センターでは、1日平均で15件以上の相談もあるほどです。

【リノコで適正価格診断】

  • 約10秒で概算の適正価格を知る事が出来る
  • 完全無料
  • 設立年数、口コミ調査、施工実績のある業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘がない

適正価格を診断できるというメリットだけではなく、相談員が在籍しており無料相談が可能です。
業者紹介の際には、不安・不明点をヒアリングして紹介するので、しつこい営業などもありません。

リノコの画像

既に見積もりをした方も、適正価格を知るためにも一括見積もりする事をオススメします。

⇒「>>簡単10秒!リフォームの適正診断を試してみる。
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする