浴室リフォームで人気のある種類は?

この記事の所要時間: 239

浴室リフォームで人気のある種類

浴室のリフォームは、キッチンリフォームのようにお風呂の使い勝手や機能性を変更するものです。

浴室リフォームは、リフォームの中でも規模的に手軽な部類に入ります。
小規模なリフォームも可能なので予算に応じて色々な選択肢が選べます。

浴室リフォーム色々

浴室のリフォームは、元の浴室の状態も色々とあるのでリフォームの方法も色々とあります。
浴室は在来工法、ユニットバス、ハーフユニットバスの3種類がありますが、どの方法で作られた浴室か、リフォーム後の浴室をどうするかによってそのやり方は大きくかわってきます。

昔ながらの「お風呂場」レイアウトが自由な在来工法

在来工法は古い家から現在の家まで幅広く見られるもので、ユニットバスのような一体化されたものではなく、浴室として使われている一室をコンクリートで覆い、そこにタイルを貼り防水加工をして作り上げます。
自由度の高い工法で、レイアウトを重視するのならこの工法が最も効果的です。
リフォーム後に在来工法を選択する場合、元の浴室を作っている工法によっては解体が必要になることがあります。

最近の主流!ユニットバス

ユニットバスはシステムバスとも言われているもので、浴室自体を1つのパーツにしてしているのが特徴です。
イメージとしてはプラモデルのようなもので、浴室内に必要な設備をパーツごとに分けて作り、それを現場で組み立てて設置します。
必ずしもトイレと一体になっていることはなく、浴室のみの構成も存在します。

撥水性が高くカビや水漏れが起きにくいので、マンションやアパート、ホテルや旅館の部屋に設置されることが多いのですが、今では一戸建て向けのユニットバスも出回っています。
設置が簡単でリフォームにかかる費用も安めなのが利点ですが、デザイン性があまりのぞめないという欠点もあります。

在来工法とユニットバスのいいとこ取り!ハーフユニットバス

ハーフユニットバスはユニットバスと在来工法を組み合わせたもので、ユニットバスと在来工法の利点を組み合わせたものです。
この方法は床部分と壁のした部分、浴槽の下部分がユニットバスで作られ、他の部分を在来工法で作り上げています。
撥水性の高いユニットバスを床にすることで水漏れが起きにくくなり、壁の下部分もユニットバスを使うことでカビを生えにくくさせます。
その上で浴槽の内部や壁の上部分、天井などは在来工法で作るので、デザイン性やカスタマイズ性を確保できます。
浴室専用テレビなども設置でき、洗濯機や乾燥機の設置スペースを確保することも可能です。

最近ではハーフユニットバスをセットにして販売されているので、選択肢としても選びやすくなっています。

どの方法で浴室をリフォームするかは予算にも左右されますが、現在の主流は在来工法からユニットバスへのリフォーム、あるいはユニットバス自体のリフォームです。
リフォーム自体は自由に選択できますが、広さや配管の都合などで希望のリフォームを変更する必要がでることもあるので、リフォーム業者との打ち合わせは入念に行ってください。

あなたの見積もりは大丈夫?【100万以上安くなる事もあります】

リフォームにて実際に見積もりを取って見る人は多いと思います。
しかし、本当にその価格が適正かどうか分かる人は少ないのではないでしょうか。

実際に相場以上に請求された方も多くいます。
複数の業者と比較をすることで、100万円以上安くなる事例もありました。

国民生活センターでは、1日平均で15件以上の相談もあるほどです。

【リノコで適正価格診断】

  • 約10秒で概算の適正価格を知る事が出来る
  • 完全無料
  • 設立年数、口コミ調査、施工実績のある業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘がない

適正価格を診断できるというメリットだけではなく、相談員が在籍しており無料相談が可能です。
業者紹介の際には、不安・不明点をヒアリングして紹介するので、しつこい営業などもありません。

リノコの画像

既に見積もりをした方も、適正価格を知るためにも一括見積もりする事をオススメします。

⇒「>>簡単10秒!リフォームの適正診断を試してみる。
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする