浴室リフォームでの浴槽は素材も大事

この記事の所要時間: 313

浴室リフォームでの浴槽

浴室の中で、これがないと困るというもの。
それは「浴槽」です。
浴槽は日本のお風呂には決して欠かせないもので、体をお湯に付け至福のひと時をもたらしてくれる大事な設備の1つです。

浴室をリフォームする場合、この浴槽の交換も選択肢の1つになります。

浴槽色々、お値段も様々

浴槽には使われている素材によって性能差と特徴、注意点があります。
どの浴槽を選ぶかは予算の影響も受けますが、価格が高ければ良いというものでもないので、使いやすさやメンテナンスのしやすさも選択する上で大事な要素になります。

浴槽の中ではベーシックと言えるFRP

浴槽の素材として多く用いられているもので、ポリバスとも言われています。
ガラス繊維と強化プラスチックで出来ていて、色の選択肢が幅広く汚れが付いても落としやすいのが特徴です。
最近ではデザイン性も考慮されて色々なものが販売されています。
価格帯は2万円前後から80万円前後と幅広く、可動機能が付いているタイプも存在します。
基本的には広くなればなるほど高くなりますが、浴槽としては安価なので節約したい人にも向いている浴槽です。

人気の高い人工大理石

近年人気があるのは人工大理石の浴槽です。
アクリル製とポリエステル製が主で、メーカーによっては独自開発素材を使っている場合もあります。
素材によって質感が変わり、耐久性にも影響します。
傷が入りやすいのでお湯入れに注意が必要ですが、独特の美しさは洋風の浴室にはよく似合います。
価格は8万円台から100万円程度で、ポリエステル製の製品であれば安価です。

ある意味究極の木製浴槽

日本のお風呂としてはある意味究極とも言えるのが木製の浴槽です。
古くから浴槽の素材として使われてきた木は、独特の香りや質感が日本人にはしっくり来るものです。
使われる素材はヒノキやヒバといった水に強いもので、耐久度も十分あります。
使っていく内に独特の風合いが出てくるのも特徴です。
価格は市販品で30万円ほどですが、オーダーメイドする事も出来ます。

耐久度重視、保温性も高いステンレス

昔から人気のある浴槽で、金属の光沢が美しいのが特徴です。
保温性が高く耐久性も浴槽の素材のなかでは上位なので長く使えます。
価格は4万円から20万円ほどで、広い浴槽でも安価です。

重い、美しいホーロー

鉄やアルミの表面に陶器などにも使われるガラス釉薬(ゆうやく)を施したもので、見た目が美しく手触りも滑らかなのが特徴です。
表面がガラスなので入浴時には独特の肌の感触があります。
金属ならではの美しさもあるためホーロー製の浴槽を好む人も多くいます。

浴槽としてはメンテナンスが少々面倒で、表面のガラスが欠けたりする場合があります。
そのまま放置するとサビの原因になるので、定期的なメンテナンスが必要です。
また、浴槽自体がかなり重いので家の構造次第では補修をしないと設置できない場合があります。
価格は10万円前後と安価ですが、サイズによって価格は変動します。

昔のお風呂の定番タイル

タイル浴槽はコンクリートなどで作られた浴槽にタイルを貼り付けたものです。
タイルはいろいろな種類があるので、デザイン性に優れています。
在来工法で作られた浴槽なら、比較的安価でリフォーム出来るのも特徴です。
保温性能はあまり良くありませんが、今では保温性のあるタイルもあるので多少の保温性能向上が見込めます。

浴槽の種類は、おおむね上記6種類です。
どの種類も特徴や価格の差があるので、予算や希望する浴室に合わせて選択すると良いでしょう。
何が良いのか悩んだのなら、リフォーム業者と念入りに打ち合わせをして最適なものを選び出してください。

あなたの見積もりは大丈夫?【100万以上安くなる事もあります】

リフォームにて実際に見積もりを取って見る人は多いと思います。
しかし、本当にその価格が適正かどうか分かる人は少ないのではないでしょうか。

実際に相場以上に請求された方も多くいます。
複数の業者と比較をすることで、100万円以上安くなる事例もありました。

国民生活センターでは、1日平均で15件以上の相談もあるほどです。

【リノコで適正価格診断】

  • 約10秒で概算の適正価格を知る事が出来る
  • 完全無料
  • 設立年数、口コミ調査、施工実績のある業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘がない

適正価格を診断できるというメリットだけではなく、相談員が在籍しており無料相談が可能です。
業者紹介の際には、不安・不明点をヒアリングして紹介するので、しつこい営業などもありません。

リノコの画像

既に見積もりをした方も、適正価格を知るためにも一括見積もりする事をオススメします。

⇒「>>簡単10秒!リフォームの適正診断を試してみる。
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする