屋根のリフォームについて

この記事の所要時間: 227

屋根のリフォーム

家の外部分のリフォームと言えば外壁塗装が代表的なものですが、屋根も外壁塗装と同じように重要なリフォームの1つです。
日本の家の屋根といえば瓦葺きですが、現在ではスレートなどを使用している場合もあるため、屋根に使われている素材に合わせたリフォームが必要です。

本当は大事な屋根のリフォーム

屋根のリフォームも定期的に行わないと、屋根としての機能を保てなくなる事があります。
屋根は瓦であったりスレートであったりと、その素材によって耐久年数も差がありますが、どんな素材を使っていても屋根に異状が現れると雨漏りの原因となります。

雨漏りにより入り込んだ雨水は、天井から落ちて来る事があるだけではなく、見えない状態で家を支えている木材やコンクリートなどにも染みこんでいきます。
それが長く続いていくと、やがて木材やコンクリートは腐食していき、家の耐久性を大きく損なってしまいます。
最終的には屋根だけではなく外壁の剥がれや家の内部の壁の剥がれといった事まで引き起こし、家の半壊や倒壊の原因になってしまいます。

一番怖いのは、屋根の異状は必ずしも目に見える形で現れないという事です。
見える形で雨漏りが全くない事も珍しいことではなく、気がついたら重大な事態になっていたという事もあります。
そんな事態にならないためにも、屋根のリフォームは定期的に行う必要があります。

屋根は家の見た目にも大きな影響をもたらしますが、その機能は家にとってとても大事なものです。
屋根の機能を維持するためには定期的なメンテナンスが必要で、これをリフォームという形で行います。

屋根のリフォームは外壁のリフォームと同時に行うことが多い

屋根のリフォームは外壁のリフォームと同時に行うことが多いものです。
その理由は外壁のリフォームをした場合の見た目で、外壁のリフォームをすれば外壁が美しくなりますが、屋根が古い状態だと、せっかく美しくなった外壁とのバランスが取れず、屋根の汚さが余計に目立ってしまう事があるためです。
また、屋根も外壁と同じようにメンテナンスを必要とする以上、同時にやっておけば手間と費用がかからないという理由もあります。
屋根のリフォームをする場合も同じで、屋根と同時に外壁のリフォームを行った方が家の見た目も良くなります。

屋根と外壁のリフォームはセットで行えばその分費用も多くなりますが、別々に行うよりも全体の費用は安くなることが多いので節約もできます。
リフォームの時期をあわせることで、手間やリフォームを忘れるといった事も無くなるので、出来る限り屋根と外壁はセットでリフォームをした方が家の状態を守りやすくなります。

屋根のリフォームは、家をいつまでも住める状態に保つためには必須です。
家の外観にも大きく影響するので、外壁と同じように定期的なリフォームをオススメします。

【家にいながら複数社のリフォーム提案がもらえる】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、「タウンライフリフォーム」です。

【タウンライフリフォームをオススメする理由】
  • 運営会社の社内基準・国家基準を通ったリフォーム会社が300件以上登録
  • 3分の入力で複数の会社に一括見積り・提案を依頼出来る
  • 100万円単位で安くなる事もある
  • 見積もりだけでなく、リフォーム計画書ももらえる
  • 工事の要望や相談、アフターサービスも万全

3分の入力で、「アイデア&アドバイス」「リフォーム費用・見積もり」「リフォームプランニング」の3つの提案をもらえます。
もちろん、相談から見積り、アフターフォローまで全てが完全無料。

タウンライフリフォームの画像

利用者のアンケートにて顧客満足度が非常に高いサイトです。

リフォームを検討している方は、業者に相談するよりも中立な立場にある「タウンライフリフォーム」に見積もり、提案依頼する事をオススメします。

⇒「無料一括見積もり、提案はコチラから依頼できます
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする