リフォーム業者が倒産したら?

この記事の所要時間: 247

リフォーム業者の倒産

どんな企業でも、経営状態の悪化や外部的な要因による倒産の可能性があるものです。
倒産の可能性はゼロになる事はなく、どんなに経営の安定している企業でも「まさか」の事態は起こりえます。

もちろん、経営がしっかりしていれば通常は企業が倒産する事はほとんどありません。
しかし、全くないわけとも言えないのです。

リフォーム業者が工事中に倒産したら

リフォーム業者も企業なので、経営が悪化し耐え切れなくなれば倒産します。
リフォームを依頼する業者の経営状態はよく調べると分かる事もあるのですが、古い情報や不確定な情報もあるので判断はなかなか難しいものです。

もし、リフォームを依頼していた業者が工事の途中で倒産してしまったら、次のような事態に陥る場合もあります。

リフォーム業者の倒産で起きるトラブル

リフォーム工事中にリフォーム業者が倒産した場合、そのほとんどは工事が中断されます。
このことはリフォーム工事としては一番厄介なもので、予兆としては作業員が来なかったり、資材が届かないなどで工事が大幅に遅れることが頻発します。

リフォーム工事は、お金の支払いに関係なく正式に引き渡しが行われるまではリフォーム業者の所有物です。
そのため、リフォーム業者の倒産により工事が中断したままだと、そのリフォームをした部分はリフォーム業者の所有物のままになってしまいます。
つまり、リフォーム業者が自身の持ち物であるリフォームをした部分を引き上げる、または解体して放置するといったことも考えられます。
理不尽な話ですが、実際にこういう例は存在するのです。

リフォーム業者が工事途中で倒産した場合、2つの選択肢があります。

1つは、リフォーム業者と交渉をして現在完成しているリフォーム部分を出来高払いとして相応のお金を支払い、引き渡しをさせます。
すでに代金を支払っている場合は、余剰分があれば返却させてリフォーム契約自体を終了させます。
この方法はリフォーム業者との交渉が決裂すると工事をした部分を引き上げたり解体して放置される危険があるので、弁護士などの専門家を間に入れた方が安全です。

もう1つは、工事の続行が不能だという事を理由に契約不履行として扱います。
契約自体を破棄してその時点での工事費用を支払い、契約破棄による損害分があれば損害賠償請求で回収します。

リフォーム業者による契約不履行が原因での契約破棄は、きちんと手順を踏めば特に専門家の手助けを必要としませんが、不安であれば法律の無料相談などを利用すると良いでしょう。

リフォーム業者が倒産した場合に取れる手段は、主にこの2つです。
どちらの場合も工事に使う資材や機材などを放置してしまう事があるので、全てを引き取るように促します。

瑕疵保険に入っておけば安心

リフォーム業者の中には、保険会社による瑕疵保険の加入が出来る所があります。
瑕疵保険は特定の保険会社が提供するものなので、例えリフォーム業者が倒産しても別会社の保証を受けられます。

安全なリフォームを求めるのなら、保険会社が提供する瑕疵保険に入れるリフォーム業者を選んでください。
リフォームの一括見積サービスを使うと、瑕疵保険に加入できる業者は簡単に見つかります。

あなたの見積もりは大丈夫?【100万以上安くなる事もあります】

リフォームにて実際に見積もりを取って見る人は多いと思います。
しかし、本当にその価格が適正かどうか分かる人は少ないのではないでしょうか。

実際に相場以上に請求された方も多くいます。
複数の業者と比較をすることで、100万円以上安くなる事例もありました。

国民生活センターでは、1日平均で15件以上の相談もあるほどです。

【リノコで適正価格診断】

  • 約10秒で概算の適正価格を知る事が出来る
  • 完全無料
  • 設立年数、口コミ調査、施工実績のある業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘がない

適正価格を診断できるというメリットだけではなく、相談員が在籍しており無料相談が可能です。
業者紹介の際には、不安・不明点をヒアリングして紹介するので、しつこい営業などもありません。

リノコの画像

既に見積もりをした方も、適正価格を知るためにも一括見積もりする事をオススメします。

⇒「>>簡単10秒!リフォームの適正診断を試してみる。
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする