トイレリフォームで和式から洋式へ

この記事の所要時間: 232

トイレリフォームで和式から洋式

現在、洋式トイレの普及率は約90%に達しています。
この数字はほぼ水洗化されたトイレの普及率と同じで、現在国内にあるトイレで和式の場合は、そのほとんどがくみ取り式ということになります。

これらの数字は統計として発表されているものですが、数字を見る限り和式トイレから洋式トイレへの変更はそのほとんどがくみ取り式から水洗トイレへのリフォームを伴うことになります。

くみ取り式からの洋式トイレへの変更は工事が大掛かりになるため費用もそれ相応に必要ですが、和式トイレが水洗の場合は便器の交換だけで洋式トイレにできるので費用が安めになります。

水洗和式トイレから洋式トイレへ

和式の水洗トイレから洋式トイレへの変更は、トイレリフォームとしては大掛かりとは言えませんが、ある程度の規模を伴います。

和式から洋式への変更をする場合、床と壁の下部分を作り直します。
洋式便器は段差のない床に設置しないと使い勝手は悪いのですが、家庭にある和式トイレの場合はほとんどは30センチほど高い場所に和式便器が設置してあるので、これを壊して平坦にする必要があります。

その上で洋式トイレを設置し配管をつないで、床をタイルやフローロングといったものに張り替えます。
ここまでが基本的な洋式トイレへの変更にかかる工事の内容です。

トイレの見た目に拘らなければここまでの工事で十分で、費用も安く済みます。
かかる費用は便器の価格にもよりますが、最大で20万円ほどです。

トイレの見た目も変える場合は、内装工事を同時に行います。
内装工事は基本的な工事に加え、壁の解体を伴います。
和式トイレの場合、トイレの内装はそのほとんどがタイル貼りです。
タイル貼りでは壁紙を貼ることができないので、解体してあらたな壁を作ります。
希望すればコンクリート壁むき出しにすることも可能です。

ここまでの工事で約30万円ほどの費用がかかります。

和式トイレを洋式にしつつ、トイレ全体を作り替える場合は壁の他に天井の解体も行うことがあります。
この場合はトイレの完全リフォームと言えるもので、和式トイレから洋式トイレへの変更というリフォームの中で最大の費用がかかります。

そのかわり、天井から壁、床に至るまで全てが変わるので、単純に便器の変更ではなくなり、綺麗なトイレに仕上がります。

ここまでのかかる費用はおおむね30万円から40万円ほどですが、使用する素材によっては40万円以上かかることもあります。

くみ取り式からの場合はもう少し複雑に

くみ取り式の場合は工事が更に必要になるために80万円以上かかることがあります。
くみ取り式の場合はトイレをほぼ解体することになるので、選択肢は内装工事を含んだリフォームのみです。

和式から洋式への変更は、すでに水洗であればさほど高い費用はかかりません。
複数業者への見積もりや便器の価格などで調整すれば、安い費用で済ませることもできます。

【家にいながら複数社のリフォーム提案がもらえる】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、「タウンライフリフォーム」です。

【タウンライフリフォームをオススメする理由】
  • 運営会社の社内基準・国家基準を通ったリフォーム会社が300件以上登録
  • 3分の入力で複数の会社に一括見積り・提案を依頼出来る
  • 100万円単位で安くなる事もある
  • 見積もりだけでなく、リフォーム計画書ももらえる
  • 工事の要望や相談、アフターサービスも万全

3分の入力で、「アイデア&アドバイス」「リフォーム費用・見積もり」「リフォームプランニング」の3つの提案をもらえます。
もちろん、相談から見積り、アフターフォローまで全てが完全無料。

タウンライフリフォームの画像

利用者のアンケートにて顧客満足度が非常に高いサイトです。

リフォームを検討している方は、業者に相談するよりも中立な立場にある「タウンライフリフォーム」に見積もり、提案依頼する事をオススメします。

⇒「無料一括見積もり、提案はコチラから依頼できます
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする