トイレリフォームで和式から洋式へ

この記事の所要時間: 232

トイレリフォームで和式から洋式

現在、洋式トイレの普及率は約90%に達しています。
この数字はほぼ水洗化されたトイレの普及率と同じで、現在国内にあるトイレで和式の場合は、そのほとんどがくみ取り式ということになります。

これらの数字は統計として発表されているものですが、数字を見る限り和式トイレから洋式トイレへの変更はそのほとんどがくみ取り式から水洗トイレへのリフォームを伴うことになります。

くみ取り式からの洋式トイレへの変更は工事が大掛かりになるため費用もそれ相応に必要ですが、和式トイレが水洗の場合は便器の交換だけで洋式トイレにできるので費用が安めになります。

水洗和式トイレから洋式トイレへ

和式の水洗トイレから洋式トイレへの変更は、トイレリフォームとしては大掛かりとは言えませんが、ある程度の規模を伴います。

和式から洋式への変更をする場合、床と壁の下部分を作り直します。
洋式便器は段差のない床に設置しないと使い勝手は悪いのですが、家庭にある和式トイレの場合はほとんどは30センチほど高い場所に和式便器が設置してあるので、これを壊して平坦にする必要があります。

その上で洋式トイレを設置し配管をつないで、床をタイルやフローロングといったものに張り替えます。
ここまでが基本的な洋式トイレへの変更にかかる工事の内容です。

トイレの見た目に拘らなければここまでの工事で十分で、費用も安く済みます。
かかる費用は便器の価格にもよりますが、最大で20万円ほどです。

トイレの見た目も変える場合は、内装工事を同時に行います。
内装工事は基本的な工事に加え、壁の解体を伴います。
和式トイレの場合、トイレの内装はそのほとんどがタイル貼りです。
タイル貼りでは壁紙を貼ることができないので、解体してあらたな壁を作ります。
希望すればコンクリート壁むき出しにすることも可能です。

ここまでの工事で約30万円ほどの費用がかかります。

和式トイレを洋式にしつつ、トイレ全体を作り替える場合は壁の他に天井の解体も行うことがあります。
この場合はトイレの完全リフォームと言えるもので、和式トイレから洋式トイレへの変更というリフォームの中で最大の費用がかかります。

そのかわり、天井から壁、床に至るまで全てが変わるので、単純に便器の変更ではなくなり、綺麗なトイレに仕上がります。

ここまでのかかる費用はおおむね30万円から40万円ほどですが、使用する素材によっては40万円以上かかることもあります。

くみ取り式からの場合はもう少し複雑に

くみ取り式の場合は工事が更に必要になるために80万円以上かかることがあります。
くみ取り式の場合はトイレをほぼ解体することになるので、選択肢は内装工事を含んだリフォームのみです。

和式から洋式への変更は、すでに水洗であればさほど高い費用はかかりません。
複数業者への見積もりや便器の価格などで調整すれば、安い費用で済ませることもできます。

あなたの見積もりは大丈夫?【100万以上安くなる事もあります】

リフォームにて実際に見積もりを取って見る人は多いと思います。
しかし、本当にその価格が適正かどうか分かる人は少ないのではないでしょうか。

実際に相場以上に請求された方も多くいます。
複数の業者と比較をすることで、100万円以上安くなる事例もありました。

国民生活センターでは、1日平均で15件以上の相談もあるほどです。

【リノコで適正価格診断】

  • 約10秒で概算の適正価格を知る事が出来る
  • 完全無料
  • 設立年数、口コミ調査、施工実績のある業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘がない

適正価格を診断できるというメリットだけではなく、相談員が在籍しており無料相談が可能です。
業者紹介の際には、不安・不明点をヒアリングして紹介するので、しつこい営業などもありません。

リノコの画像

既に見積もりをした方も、適正価格を知るためにも一括見積もりする事をオススメします。

⇒「>>簡単10秒!リフォームの適正診断を試してみる。
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする