トイレを美しくする内装工事

この記事の所要時間: 237

トイレを美しくする内装工事

トイレの内装はトイレ全体のへの影響が大きく、便器のように目につきやすい部分よりも壁や床、天井と言った部分のほうが面積が多いので、それを変更するとトイレの全体像をまとめられます。

トイレ内装は込みで行う事が多い

トイレの内装は、トイレ全体への影響が大きいためにトイレリフォームを行う際には込みで行うことも多くあります。
便器の変更や手洗いの設置、簡易水洗化や和式から洋式への変更など、トイレの中心となる便器を交換する、または改修した場合、そのままの内装では合わなくなることがあります。

現在販売されている便器は色やデザインなども考慮されているため、トイレの内装が古いままだとバランスがとれなくなることがあります。
便器のデザインと内装のデザインが合わないとトイレ全体のイメージも悪くなるので、内装も替えてトイレを完全に新しくするほうがリフォームをする意味も大きくなります。

トイレ内装に使われる素材も進化

一昔前のトイレといえば、コンクリートやタイルが定番でした。
しかし、現在ではいろいろな素材がトイレ用として存在するためにトイレという汚いイメージが先行しやすい空間も明るく清潔感を全面に押し出す空間に作ることができます。
現在、主に使われているのは壁紙タイプの素材で、掃除をすると汚れが落ちやすいもの、素材自体に抗菌能力を持たせてあるもの、湿気を吸いやすいもの、防臭効果のあるものなど、トイレという場所を清潔に保つための素材が多く販売されています。
デザイン性も考慮されている製品が多いので、長くトイレの環境を維持しながら綺麗にすることに役立ちます。
タイルもいまだ人気で、タイル自体に抗菌能力や防臭能力をもたせているものもあります。
他に珪藻土やコンクリートをむき出しにする方法、籐のような高級素材を使ったものもあります。

床材も進化

壁紙が高性能で見た目も良くなるにつれ、トイレの床材もフローリングが使われることも多くなっています。
フリーリングは見栄えが良いので、壁紙とうまく合わせるとトイレの雰囲気をいっきに明るいものにしてくれます。

トイレ内装はリフォーム後の管理にも関わる

トイレの内装リフォームは、リフォーム後の管理もしやすくなります。
トイレの内装に使われる壁紙やタイルは基本的に汚れがつきにくく、汚れがついても落としやすくなっています。
軽く拭き取るだけで綺麗になるので、掃除にかかる手間も減らせます。

また、内装は壁紙の交換やタイルの交換だけではなく収納の設置も含まれます。
収納場所を確保できれば、掃除用具を普段見えないところに収納しておくこともできます。
収納場所がなければトイレ内においてあることも多いも掃除用具を専用の収納場所に入れておくことで、トイレ全体の清潔さも維持できます。

トイレの内装リフォームはトイレの顔を決める

トイレ内装は、トイレの顔を決めるだけではなく使い勝手の良さも決める大事なものです。
トイレ全体に及ぼす影響が大きいので、内装を変える場合はしっかりと計画を立ててください。

あなたの見積もりは大丈夫?【100万以上安くなる事もあります】

リフォームにて実際に見積もりを取って見る人は多いと思います。
しかし、本当にその価格が適正かどうか分かる人は少ないのではないでしょうか。

実際に相場以上に請求された方も多くいます。
複数の業者と比較をすることで、100万円以上安くなる事例もありました。

国民生活センターでは、1日平均で15件以上の相談もあるほどです。

【リノコで適正価格診断】

  • 約10秒で概算の適正価格を知る事が出来る
  • 完全無料
  • 設立年数、口コミ調査、施工実績のある業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘がない

適正価格を診断できるというメリットだけではなく、相談員が在籍しており無料相談が可能です。
業者紹介の際には、不安・不明点をヒアリングして紹介するので、しつこい営業などもありません。

リノコの画像

既に見積もりをした方も、適正価格を知るためにも一括見積もりする事をオススメします。

⇒「>>簡単10秒!リフォームの適正診断を試してみる。
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする