汲み取り式から水洗へトイレリフォーム

この記事の所要時間: 241

汲み取り式から水洗へトイレリフォーム

都心や主要都市から離れた地域では、まだ汲み取り式のトイレが使われている場合があります。

現在のようにインフラがほぼ整備されている国内で未だに汲み取り式が利用されている理由は、インフラが整備される前に作られていたり、開発の遅れであったりと様々な理由があります。

時代遅れのトイレではありますが、用をたすという機能は十分に確保できるトイレです。
しかし、いくらトイレの機能はあると言っても水洗トイレに比べれば使い勝手も管理も清潔さも劣ってしまいます。
汲み取り式トイレを使っているのなら、一度は水洗トイレにしたいと考えたこともあることでしょう。

汲み取り式から水洗トイレへのリフォーム

汲み取り式から水洗トイレへのリフォームは可能ですが、実施に実行使用となると難しい問題や解決できない問題が出てくる事があります。

一番の問題は費用面で、汲み取り式から水洗トイレへリフォームする場合はトイレを丸ごと作り変えるようなものなので、高額なリフォーム費用が必要です。
「高額」と言ってもリフォーム全体で見れば安価なのですが、おおむね80万円以上かかることが多くなっています。
また、リフォーム費用の他に使っていた便槽などの処分費用も掛かるため実際には100万円を超えてしまう事もあります。
費用が高めですが、トイレは生活に必ず必要な物なので汲み取り式から水洗へのリフォームを行う価値は十分にあります。
ただし、水洗トイレへのリフォームが可能な場合リフォーム工事中は何かと不便な思いをすることもあります。

リフォーム工事中は何かと不便

汲み取り式から水洗トイレへのリフォームは、トイレの設備を全て取り替えることを意味します。
汲み取り式で使われていた便槽を掘り出して水洗用の配管を通し、浄化槽、または下水への配管を通して電気工事を行い、新たな便器の取り付けと内装工事が必要です。
工事自体が大掛かりになるのである程度長期間の工事になりますが、リフォームが終わるまでトイレが使えなくなります。
その間のトイレは工事現場などで見られる簡易トイレを利用することになりますが、多少の不便を伴います。
工事は長いと2ヶ月ほどかかることもあるので、リフォーム中のトイレ使用についてはリフォーム業者と相談が必要です。

どうにもならない問題もある

水洗トイレは水圧で汚物を下水に流し、浄化槽などに送り込んで処理します。
しかし、地域によっては浄化槽が設置できない、下水が無い、下水までの距離が遠すぎるといったことがあります。
残念ながら、これらは水洗トイレを使用できる条件を満たしていないのでリフォームができません。
これらの問題は個人ではどうにもならないことなので、この場合は諦めるか簡易水洗トイレにするかの2択になります。

汲み取り式から水洗トイレへのリフォームは、困難が多くあり自力では解決できないものも含まれるために望んだから必ず出来るというものではありません。
条件によっては水洗化が出来ないということを覚えておき、もし水洗トイレへのリフォームが出来ない時の事を考え計画の変更を柔軟に行えるように準備をしておきましょう。

あなたの見積もりは大丈夫?【100万以上安くなる事もあります】

リフォームにて実際に見積もりを取って見る人は多いと思います。
しかし、本当にその価格が適正かどうか分かる人は少ないのではないでしょうか。

実際に相場以上に請求された方も多くいます。
複数の業者と比較をすることで、100万円以上安くなる事例もありました。

国民生活センターでは、1日平均で15件以上の相談もあるほどです。

【リノコで適正価格診断】

  • 約10秒で概算の適正価格を知る事が出来る
  • 完全無料
  • 設立年数、口コミ調査、施工実績のある業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘がない

適正価格を診断できるというメリットだけではなく、相談員が在籍しており無料相談が可能です。
業者紹介の際には、不安・不明点をヒアリングして紹介するので、しつこい営業などもありません。

リノコの画像

既に見積もりをした方も、適正価格を知るためにも一括見積もりする事をオススメします。

⇒「>>簡単10秒!リフォームの適正診断を試してみる。
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする