トイレリフォームの費用

この記事の所要時間: 242

トイレリフォームの費用

トイレリフォームにかかる費用は、その内容によって変わります。

リフォームの中では費用が安いトイレリフォーム

トイレリフォームはリフォーム全体からみると費用が安くなっています。
ほとんどの場合で60万円を超えることがなく、小規模なものであれば10万円程度から可能です。

便座の交換リフォームは10万円程度から

便座の交換はトイレリフォームとしては簡単なもので、10万円程度から可能です。
便座を新しいものに変えるだけなので、工事費用も安くリフォームとしてもお手軽になっています。

ただし、交換する便座の機能によっては最大で30万円前後の費用がかかることもあります。
費用が高くなる要因は温水洗浄機能付きの便座の性能で、高機能の便座は価格も高いのでその分費用が増えてしまいます。
ベーシックモデルの洗浄機能であれば10万円程度ですが、自動で蓋が開いたり、暖房機能がついていたり、防臭機能が付いているような高級モデルだと30万円程度の費用が必要です。

内装リフォームは15万円程度から

内装のリフォームは便器の交換と同時に行われることが多いのですが、単独でリフォームする場合は15万円程度から可能です。
費用の差が幅広いので、こだわればこだわるほど費用が高くなります。
トイレに床暖房を入れたり、高級な素材で内装したりすると100万円を超えるようなことも出てきます。
また、配管を見えないようにするリフォームも費用がかかることがあります。
一般的な内装リフォームだれば15万円程度で可能ですが、望むものが多ければ多いほど費用もかかるのが内装リフォームです。

便器交換と手洗いの設置は50万円程度から

便器交換は交換する便器の価格によって左右されますが、タンクレスタイプの便器に交換した場合、手洗いの設置と内装工事込みで50万円前後の費用がかかります。
ただし、手洗いの設置を必要としない場合は30万円前後に費用を抑えられます。
便器交換はトイレの雰囲気を大きく替えてくれるので、同時に内装工事を行うこともありますが、これも行わなければ費用は20万円代にまで節約できる場合があります。
交換する便器によって費用差が激しくなる特徴があり、高級、高性能な便器の場合はその分高額になり、他のトイレリフォームを同時に行うと150万円を超えることもあります。

トイレの水洗化

くみ取り式のトイレを完全水洗化する場合、便器の交換費用、水道工事、電気工事などが関わります。
配管の長さなどでも費用に差が出てきますが、おおむね60万円から100万円の間で可能なことが多いようです。
簡易水洗の場合はすべて込みで40万円程度ですが、交換する便器などの種類によって費用に差が出ます。
トイレリフォームとしては高額になりやすいのが特徴で、内装などもすべて作りなおすのであれば100万円を簡単に超えることもあります。

トイレリフォームは、他のリフォームの中でも安価で行えるのですが、何を求めるかでその費用は大きく変わります。
トイレは毎日の生活に必要なものです。
リフォームをする場合は機能性も十分に考慮して選択してください。

あなたの見積もりは大丈夫?【100万以上安くなる事もあります】

リフォームにて実際に見積もりを取って見る人は多いと思います。
しかし、本当にその価格が適正かどうか分かる人は少ないのではないでしょうか。

実際に相場以上に請求された方も多くいます。
複数の業者と比較をすることで、100万円以上安くなる事例もありました。

国民生活センターでは、1日平均で15件以上の相談もあるほどです。

【リノコで適正価格診断】

  • 約10秒で概算の適正価格を知る事が出来る
  • 完全無料
  • 設立年数、口コミ調査、施工実績のある業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘がない

適正価格を診断できるというメリットだけではなく、相談員が在籍しており無料相談が可能です。
業者紹介の際には、不安・不明点をヒアリングして紹介するので、しつこい営業などもありません。

リノコの画像

既に見積もりをした方も、適正価格を知るためにも一括見積もりする事をオススメします。

⇒「>>簡単10秒!リフォームの適正診断を試してみる。
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする