地下室のリフォームの費用

この記事の所要時間: 230

リフォームで地下室を作る

日本では珍しい地下室も、リフォームという形で新たに作ることが可能です。

リフォームで地下室を作る場合は、新築時のように住宅として使っている建物の地下には作ることが出来ませんが、庭などの空いている土地に地下室を作ることが出来ます。

リフォームによる地下室の増築

地下室は通常、新築の建物を立てる時に建設します。
地下室は通常建物の真下に穴をほって作ります。
そのため既に建築された建物がある場合は、その地面を掘る事ができないので地下室を作ることは出来ません。
しかし、方法を選択すれば後からでも地下室を作ることは可能です。

建物がすでにある状態で地下室を新たに創りだすには、3つの方法があります。

既存の建物を移築して地下室を作る

建物を他の場所に移してから地下室を作る方法です。
技術的には問題なくできるのですが、莫大な費用はかかるために現実的ではありません。
この方法を選択するのなら、新たに土地を買って地下室と新築の建物を作ったほうが安上がりになることもあります。

建て替えの時に地下室を増築する

家の建て替えをする時に地下室を作る方法です。
費用はかかりますが、建て替えを伴うので現実的な方法でもあります。
建て替えを行うのであれば検討するに十分なものですが、そうでなければ選択肢からは外れます。

空いている土地に地下室を作り、動線を通す

庭先などの空いている土地に地下室を作り、そこまでの動線を新たに確保する方法です。
これはリフォームの1つである増築とも言えるもので、既存住宅から地下室の動線を確保するので地下室への移動も問題なく行えます。
地下室を新設する場合はこの方法が一番現実的な手段になります。
この方法であれば、土地があり法的な規制さえあれば地下室を作ることができます。

地下室の新設費用は600万円程度から

地下室の新設にかかる費用は、600万円程度かかります。
地下室の規模や工事の内容によって費用は変化しますが、通常の地下室建築でも500万円ほどはかかるので、地下室を増築する場合は20%ほど高くなる計算になります。
地下室の建築は元から高額な費用を必要とするので、消して高いとはいえない金額ですがそれでもそう簡単に出せるお金ではありません。

地下室は防音性に優れているので、音楽を嗜む人や映画館のような空間を確保したい人にはその恩恵は十分に受けられます。
地下室と同程度の防音性を通常の部屋に持たせようと思うと、1000万円以上かかることもあるので地下室のほうが費用が安くなることも多くあります。

とは言え、決して安い価格ではないのでリフォームで地下室をつくろうと考えているのなら、本当に地下室が必要かどうかをよく検討してください。
また、作成の意思が固まったら、地下室の安全性や性能を確保するためにもリフォーム業者とはしつこいくらいに打ち合わせをしてください。

【家にいながら複数社のリフォーム提案がもらえる】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、「タウンライフリフォーム」です。

【タウンライフリフォームをオススメする理由】
  • 運営会社の社内基準・国家基準を通ったリフォーム会社が300件以上登録
  • 3分の入力で複数の会社に一括見積り・提案を依頼出来る
  • 100万円単位で安くなる事もある
  • 見積もりだけでなく、リフォーム計画書ももらえる
  • 工事の要望や相談、アフターサービスも万全

3分の入力で、「アイデア&アドバイス」「リフォーム費用・見積もり」「リフォームプランニング」の3つの提案をもらえます。
もちろん、相談から見積り、アフターフォローまで全てが完全無料。

タウンライフリフォームの画像

利用者のアンケートにて顧客満足度が非常に高いサイトです。

リフォームを検討している方は、業者に相談するよりも中立な立場にある「タウンライフリフォーム」に見積もり、提案依頼する事をオススメします。

⇒「無料一括見積もり、提案はコチラから依頼できます
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする