畳の張り替えリフォームについて

この記事の所要時間: 242

畳の張り替えリフォーム

和室リフォームには、床材として畳が欠かせません。
当ページでは、畳の張り替えリフォームについて記載していきます。

畳は和室の床に必ず必要になるもので、美しい緑色とい草の香りが和室の雰囲気をより良いものにしてくれます。
綺麗に並んだ畳は和室を美しく見せてくれますが、畳には大きさの規格があるため畳ならなんでも敷けるわけではありません。

畳の大きさの種類

畳の大きさは主に4種類あり、「京間」「中京間」「江戸間」「団地間」という種類に分かれています。
それぞれ床に敷いた時に繋ぎ目が変わるので、和室を美しく見せたいのなら適切な選択をする必要があります。

京間(本間)

京間の大きさは955mm×1910mmで、先に畳を敷いてから柱を建てる「畳割り」という方法で大きさが決まった畳です。
主に関西から西側で使われる畳で、不規則なようで整然と並べられるのが特徴です。
関東方面で使われることがあまりないので、関東方面の住宅で畳の張替えをする時に京間の畳を選択すると敷けないことがあります。

中京間

中京間の大きさは910mm×1820mmで、三六間とも言われています。
主に北陸地方や中部地方、関西地方の一部と奄美大島で見られる畳です。
畳の大きさとしては少数派です。

江戸間

江戸間の大きさは850mm×1760mmで、柱割りという方法で大きさが決まった畳です。
一般的に1畳といえばこの江戸間の大きさを指します。
関東地方で主に使われる畳ですが、現在では江戸間が畳の標準規格となっているので全国で見られます。
最近の家であればほとんどがこの江戸間であることが多くなっています。
地方によっては五八間や関東間と言われることもあります。

団地間

団地間の大きさは850mm×1700mmと江戸間より少し小さめです。公団サイズや五六間と言われることもあります。
その名の通り団地やアパート、マンションなどの集合住宅で主に使われる畳ですが、新しい集合住宅では江戸間が使われていることがあります。

この他、九州の一部で六二間、近畿、中国地方の一部で六一間という畳の大きさが使われることがあります。

畳の張替えは大きさの選択に注意

これらの「○○間」は畳の規格のようなもので、時に和室によって使われている畳のサイズの違いを生んでしまいます。
畳を張り替える場合は、基本的に元の畳と同じ「○○間」の畳を選択しないと、うまく敷くことが出来ません。

現在はで江戸間が使われていることが多いのですが、古い住宅ではその地方の主流である大きさの畳が使われていることがあります。
畳の大きさを変更する場合は、床から作り直す必要があるので、リフォーム工事が大掛かりになります。

基本的にリフォーム業者が調査をするので間違えて敷けないというようなことはほとんど起きないのですが、リフォームを依頼する側が合わない大きさの畳を指定し、リフォーム業者が確認を怠った場合畳が敷けないという悲劇が起きてしまいます。

畳の張替えをするときは畳の大きさがわかっている場合でも、必ずリフォーム業者に確認をしてもらってください。

あなたの見積もりは大丈夫?【100万以上安くなる事もあります】

リフォームにて実際に見積もりを取って見る人は多いと思います。
しかし、本当にその価格が適正かどうか分かる人は少ないのではないでしょうか。

実際に相場以上に請求された方も多くいます。
複数の業者と比較をすることで、100万円以上安くなる事例もありました。

国民生活センターでは、1日平均で15件以上の相談もあるほどです。

【リノコで適正価格診断】

  • 約10秒で概算の適正価格を知る事が出来る
  • 完全無料
  • 設立年数、口コミ調査、施工実績のある業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘がない

適正価格を診断できるというメリットだけではなく、相談員が在籍しており無料相談が可能です。
業者紹介の際には、不安・不明点をヒアリングして紹介するので、しつこい営業などもありません。

リノコの画像

既に見積もりをした方も、適正価格を知るためにも一括見積もりする事をオススメします。

⇒「>>簡単10秒!リフォームの適正診断を試してみる。
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする