太陽光発電を運用する前の流れ

この記事の所要時間: 249

太陽光発電の運用

太陽光発電をするための省エネリフォームは、実際に発電設備が運用できるまでかなりの時間がかかります。
流れとしては、下記の通りとなります。

まずは見積り

太陽光発電を住宅で行う場合、まず最初にリフォーム会社や太陽光発電システムの販売会社による見積りが行われます。
省エネリフォームの1つとして導入する場合は、同時に改修を行うところの見積りが行われることもあります。

この時に分かるのは、必要になる大体の経費と太陽光発電が稼動したときの発電量です。
ここで発電量が低すぎる場合でも、まだ諦める必要はありません。

現地調査で発電量の試算

次に行われるのが現地調査というもので、太陽光発電が稼働した時の推定発電量が試算されます。
太陽電池の設置場所として多いのが屋根ですが、屋根の傾斜や家の方向、周りの建物によって発電量が変わるので、それらをすべて要素として加えた上での試算が行われます。
この試算で発電量が低い場合、設置場所を変えるか架台を新たに作りそこに設置するか、諦めるかの選択をすることになります。
架台を作る場合は屋根に作りますが、土地が空いている場合は地上に作ることもあります。
架台を作る必要がある場合、その分の費用が増えることになります。

契約と各種手続き

太陽光発電システムの設置を決めると業者との契約がありますが、契約前に補助金や所得税控除などの説明があり最終的な費用の説明もあります。
ここが最後の選択の場で、契約をするかしないかを判断します。
ほとんどの場合、予定していた予算を経費が超えてしまうことが多いので多少の予算オーバーは念頭においておくと良いでしょう。
この時に、設置された場合の家の見た目がどうなるのかを画像として見せてくれることもあります。

契約をした場合、自治体が補助金を用意している場合はここで申請をすることになります。
業者側で代行してくれることがほとんどなので、特に手間はかかりません。

ここまでの経過で2週間から1カ月ほど掛かりますが、太陽電池の設置は家の外観を変えてしまうこともあるので調整のため1カ月以上かかることもあります。

業者との契約を済ませると、施工日を決めてから太陽光発電システムが設置されていきます。
太陽光システムの設置は2週間ほどで終わることが多いようですが、住宅の構造や架台の設置によっては多少時間がかかることもあります。

売電契約

太陽光システムが設置された後は電力会社との売電契約が必要です。
売電契約は申請から完了まで1ヶ月ほどかかります。

稼働開始

売電契約が完了すれば、ようやく太陽光発電が稼動できます。
発電した電気は基本的にすべて電力会社に売却しますが、蓄電池を設置すれば蓄電しながら余剰電力を売電にまわせます。

ここまでにかかる時間は約2カ月ほどです。
補助金は太陽光発電が稼動してから数ヶ月後に受け取れます。

以上が太陽光発電開始までの流れですが、意外と時間がかかります。
他の省エネリフォームを同時に行っても、通常は太陽光発電開始の前にリフォームが完了します。

太陽光発電は省エネリフォームの1つとして、所得税控除を受けられます。
申請は確定申告で行うので、申告に必要な書類は事前に用意しておきましょう。

【家にいながら複数社のリフォーム提案がもらえる】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、「タウンライフリフォーム」です。

【タウンライフリフォームをオススメする理由】
  • 運営会社の社内基準・国家基準を通ったリフォーム会社が300件以上登録
  • 3分の入力で複数の会社に一括見積り・提案を依頼出来る
  • 100万円単位で安くなる事もある
  • 見積もりだけでなく、リフォーム計画書ももらえる
  • 工事の要望や相談、アフターサービスも万全

3分の入力で、「アイデア&アドバイス」「リフォーム費用・見積もり」「リフォームプランニング」の3つの提案をもらえます。
もちろん、相談から見積り、アフターフォローまで全てが完全無料。

タウンライフリフォームの画像

利用者のアンケートにて顧客満足度が非常に高いサイトです。

リフォームを検討している方は、業者に相談するよりも中立な立場にある「タウンライフリフォーム」に見積もり、提案依頼する事をオススメします。

⇒「無料一括見積もり、提案はコチラから依頼できます
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする