太陽光発電は補助金が出ることもある

この記事の所要時間: 234

太陽光発電の補助金

太陽光発電システムの設置は、それなりの費用が必要です。

太陽光パネルは1枚あたり10万円から20万円の価格帯のものが主流になっています。
効率の良い発電には数枚の太陽光パネルが必要なので、施工費と合わせれば100万円以上かかるのが普通です。
将来的には利益が出る可能性が高いとは言え、決して安いとは言えないものですが、自治体によっては補助金制度があり、太陽光発電システムの設置費用が一部返還されます。

太陽光発電設置に対する補助金制度

全ての自治体で補助金制度があるわけではないのですが、現在でも新規受付を開始している自治体が多くあります。
補助金も自治体によって差がありますが、基本的に設置した太陽光発電システムの発電量に応じて支給される場合がほとんどです。

1Kwあたりに付きいくらの支給という形式なので、発電能力が高ければ高いほど支給額も増えますが上限額も定められているので補助金でまかなえる費用は10%から20%程度です。

太陽光発電装置の補助金制度は自治体単位で行われているものなので、県が補助金制度を導入していれば県から支援を受けられますが、住んでいる地域(市町村)でも補助金が導入されている場合は両方の補助金制度を利用できます。

補助金の額は自治体の規模によって変わり、市町村の補助金よりも県の補助金が高額です。

補助金の基準は発電能力

太陽電池には性能があり、最大発電量というものが決まっています。
補助金はこの最大発電量に応じて支払われます。

例えば、1kw当たり県から3万円の補助金が支給され、さらに市町村から1kw当たり1万円補助金が支給される場合は合計で1kwに付き4万円の補助金が支給されます。
補助金は最大発電量を基準に支給されるので、最大発電量が3kwなら3kw×4万円=12万円が支給される事になります。

あくまで最大発電量が基準なので実際の発電量は考慮されませんが、支給には自治体が定める発電量を超えている必要があります。
そのため、ある程度の発電性能がある太陽電池を設置しないと補助金の対象から外れてしまいます。

現在主流となっている国内メーカーが製造した太陽電池であれば、補助金の対象から外れる事はほとんどありませんが、海外製の太陽電池の場合は基準を満たさない事も稀にあるようなので注意が必要です。

補助金制度の有無を知りたい

補助金制度の有無は、太陽電池の生産メーカーがネット上で公開しているので、簡単に調べる事が出来ます。

申請のタイミング

補助金の申請タイミングは、リフォーム会社などの施工会社と契約をする時です。
申請に必要な手続きは基本的に設置を依頼した業者が代行してくれるので、自分で補助金の申請をする必要はほとんどありません。

補助金の支給は工事完了後

補助金が支払われるのは、太陽光発電システムの設置が完了してから数ヶ月後です。
少し遅めになりますが、支給されると通知がくるので気長に待ちましょう。

あなたの見積もりは大丈夫?【100万以上安くなる事もあります】

リフォームにて実際に見積もりを取って見る人は多いと思います。
しかし、本当にその価格が適正かどうか分かる人は少ないのではないでしょうか。

実際に相場以上に請求された方も多くいます。
複数の業者と比較をすることで、100万円以上安くなる事例もありました。

国民生活センターでは、1日平均で15件以上の相談もあるほどです。

【リノコで適正価格診断】

  • 約10秒で概算の適正価格を知る事が出来る
  • 完全無料
  • 設立年数、口コミ調査、施工実績のある業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘がない

適正価格を診断できるというメリットだけではなく、相談員が在籍しており無料相談が可能です。
業者紹介の際には、不安・不明点をヒアリングして紹介するので、しつこい営業などもありません。

リノコの画像

既に見積もりをした方も、適正価格を知るためにも一括見積もりする事をオススメします。

⇒「>>簡単10秒!リフォームの適正診断を試してみる。
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする