耐震診断の費用を安くする裏技

この記事の所要時間: 226

耐震診断の費用

耐震診断は、住宅などの建物がどの位の地震に耐えられるのか、今の耐震基準に適合しているのかを調べるための検査で、いわば建物の健康診断のようなものです。

耐震診断は誰でも出来るものではなく、専門の資格を持った診断士が行います。
耐震診断は耐震リフォームを行うかどうかの判断材料となるもので、耐震リフォームが必要なのか、耐震性を上げるにはどんなリフォームが必要で、どこをリフォームすれば良いのかを見つけられます。

この他、新築後の耐震性を確認するために行われたり、耐震リフォーム後にその効果が本当にあるのか調べる時にも行われる事があります。

耐震診断は建物を全て見ていく手間のかかる作業ということもあり、耐震診断を自費で行う場合は5万円から20万円程度の費用がかかります。

家の広さなどによって必要な費用は上下しますが、それでも決して安くはないお金がかかることには間違いありません、
しかし、この耐震診断は裏ワザを使うと格安、あるいは無料で受けられるかもしれません。

耐震診断を安く受けられる裏技

耐震診断は一部の自治体で特定の建物に対して義務とする例も出てくるほど重要視され始めたものですが、費用がかかるのでなかなか行えないものです。
数万円から数十万円という費用はリフォームの一端としては安めな方ですが、個人がいきなりそのお金を出すのは少々考え込んでしまうのも当たり前のことです。

そこで、自治体の中には補助金制度を設ける所も出てきました。

補助金の種類

補助金は主に2つの方法で用意されています。

・耐震診断の費用の一部、または全額を自治体が負担する
・無利息での貸付

補助金は自治体によってその形態も変わりますが、利用すれば耐震診断にかかり費用は大幅に安く出来ます。

どうすれば耐震診断の補助金を受けられるか

耐震診断の補助金を受けるには、自治体へ問い合わせが必要です。
自治体によっては耐震診断の補助金制度がない所もあるので、まずは自治体のホームページなどで調べるか、電話などで問い合わせてください。

また、各自治体で申し込みに必要な書類などが変わるので耐震診断の補助金制度がある場合は必要なものを合わせて聞いておきましょう。

もし耐震リフォーム前提の耐震診断を行う場合は、リフォーム業者に任せてしまうという方法もあります。
リフォーム業者の中には耐震診断を手配できる所もあり、補助金の申請まで代行してくれる場合もあります。
面倒だけど耐震診断はしておきたいという時には、リフォーム業者に相談してみて下さい。

補助金がない時は?

自治体の補助金制度がない、または補助金の申請が通らなかった場合は銀行の住宅ローンを代用するという方法もあります。
耐震診断の費用がある程度必要な場合は、代替方法として利用してみて下さい。

あなたの見積もりは大丈夫?【100万以上安くなる事もあります】

リフォームにて実際に見積もりを取って見る人は多いと思います。
しかし、本当にその価格が適正かどうか分かる人は少ないのではないでしょうか。

実際に相場以上に請求された方も多くいます。
複数の業者と比較をすることで、100万円以上安くなる事例もありました。

国民生活センターでは、1日平均で15件以上の相談もあるほどです。

【リノコで適正価格診断】

  • 約10秒で概算の適正価格を知る事が出来る
  • 完全無料
  • 設立年数、口コミ調査、施工実績のある業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘がない

適正価格を診断できるというメリットだけではなく、相談員が在籍しており無料相談が可能です。
業者紹介の際には、不安・不明点をヒアリングして紹介するので、しつこい営業などもありません。

リノコの画像

既に見積もりをした方も、適正価格を知るためにも一括見積もりする事をオススメします。

⇒「>>簡単10秒!リフォームの適正診断を試してみる。
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする