耐震リフォームにかかる費用は?

この記事の所要時間: 244

耐震リフォームにかかる費用

耐震リフォームにかかる費用は、工法と規模によって変動しますが、ほとんどの場合100万円以下の費用で行えます。
工法次第では50万円以下の予算でも行えるので、リフォームとしては実行しやすいのが特徴です。

リフォームとしては安い費用で実行出来るとは言え、その効果は万が一の時に大きな形で現れます。

耐震リフォームにかかる費用

耐震リフォームにかかる費用は、建物の耐震性を調べる調査費用と、耐震設備を施工するリフォーム費用にわかれます。

建物の耐震性能を調べるには「耐震診断」というものが必要で、専門診断士により行われます。
耐震診断は5万円から20万円程度の費用が必要です。

耐震診断をしなくても耐震リフォームは可能ですが、今の建物の耐震性を調べることで不必要な耐震リフォームを防ぐことが出来ます。
耐震リフォームは耐震金物などを取り付けて行われますが、過剰につけてもあまり意味がありません。
耐震診断をしておけば、どこにどの位の耐震工事が必要かの目安になり、不要な工事をする必要もなくなるのでリフォーム費用が安くなる事があります。

耐震金物は1個あたり3万円程度

耐震リフォームとしては定石とも言えるのが耐震金物で、通常のものより強力な金物を骨組みの接合部に取り付けて、揺れによる衝撃に耐えられるようにします。

金物自体はさほど高価ではなく、1個あたりの価格は安いもので数千円、高いものでも2万円から3万円程度です。
金物の価格に加えて工事費用も必要になり、金物を取り付ける場所によって工事費用が変わります。
一般的な木造住宅の場合、取り付ける数は10個前後なので、40万円程度の予算があれば可能です。

耐震金物を取り付けるリフォームは耐震リフォームのなかでも安価な方ですが、中には高額な費用を請求する業者もあるので注意が必要です。

筋交の取り付けは25万円程度

柱と柱の間に斜めに通す木材を設置するもので、この斜めに通す木材のことを筋交(すじかい)と言います。
建物の強度を得るために昔からある方法ですが、地震の備えとしては現在でも有効なものです。
壁の解体と再建が必要になるので少々高めの費用が必要で、1平方メートルあたり5万円程度かかります。
一畳ほどの壁にかかる費用は、20万円から25万円程度になります。

耐震パネルや補強材の設置は1カ所あたり20万円

耐震パネルや金属製の補強材を壁などに取り付ける場合は、1カ所あたり20万円ほどの費用がかかります。
耐震パネルや補強材は1カ所のみの設置で済む事はほとんどなく、数カ所の設置をすることが基本なので実際の費用は50万円を超えることがほとんどです。

費用はかかりますが、壁自体が耐震性を持つことになるので建物の要所となる場所に取り付ければかなりの耐震性能を得ることができます。
耐震金物と併用すれば、大きな地震が来てもそう簡単に倒壊や半壊をすることはありません。

耐震リフォームには色々な工法がありますが、組み合わせることで更に耐震性能を高くできます。
費用もあまりかからないので、予算に余裕があるのなら2つ以上の組み合わせで耐震リフォームをすることをオススメします。

あなたの見積もりは大丈夫?【100万以上安くなる事もあります】

リフォームにて実際に見積もりを取って見る人は多いと思います。
しかし、本当にその価格が適正かどうか分かる人は少ないのではないでしょうか。

実際に相場以上に請求された方も多くいます。
複数の業者と比較をすることで、100万円以上安くなる事例もありました。

国民生活センターでは、1日平均で15件以上の相談もあるほどです。

【リノコで適正価格診断】

  • 約10秒で概算の適正価格を知る事が出来る
  • 完全無料
  • 設立年数、口コミ調査、施工実績のある業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘がない

適正価格を診断できるというメリットだけではなく、相談員が在籍しており無料相談が可能です。
業者紹介の際には、不安・不明点をヒアリングして紹介するので、しつこい営業などもありません。

リノコの画像

既に見積もりをした方も、適正価格を知るためにも一括見積もりする事をオススメします。

⇒「>>簡単10秒!リフォームの適正診断を試してみる。
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする