収納作りはリフォームの華

この記事の所要時間: 232

収納作り

家での生活で必要なものは沢山ありますが、これがなければどうしようもないと言えるのが収納です。
収納は建物全てに必要なもので、これがなければ住宅としての機能を大きく損ねてしまう事になります。

収納は家族の規模や暮らしてきた期間によって必要なスペースが変動するので、収納スペースが足りなくなったり、現状の収納では家の中の環境を悪化させてしまう事もあります。

そんな収納の不足で起こってしまった困った事態を解決するのも、リフォームが得意とする分野です。
特に収納はリフォームの華とも言えるもので、家の中のあらゆる場所を収納として作り変える事ができます。

収納は作るだけなら簡単、でもそれでは意味がない

収納は作るだけなら簡単ですが、それではリフォームの意味はありません。
物の置き場所を作るだけなら、壁に適当な棚をつくったり、収納ユニットを買ってきたりすればそれで事足ります。
広い収納がほしいのなら、それこそ一部屋を倉庫として使ってしまえば良いという考えでも構わないです。
しかし、それでは何のために高いお金を払ってリフォームをしてまで収納を確保するのか分からなくなってしまいます。

リフォームによる収納の確保は、収納としての機能性はもちろんデザイン性にもこだわれます。
普段は見えない、目立たない場所に収納を作ったり、家の中の開いている空間を上手く利用して収納にしたりと、生活空間を守りながら利便性の高い収納を創りだすのが、リフォームによる収納の確保です。

リフォームで収納を作る

リフォームで収納を作る場合、家の中にあるデッドスペースを有効利用できます。
例えば床下や天井といった普段は生活空間としてう使っていない部分や、壁の一部から地下まで、色々な場所を使い勝手の良い収納スペースとして活用できるようになります。
また、収納スペースを建物と一体化することで、建物の広さを確保しやすくなります。
例えば、冷蔵庫を床下に置けばキッチンは冷蔵庫分のスペースが開くことになります。
天井に十分な収納が確保できるのなら、押入れが不要になるのでクローゼットにしたり、部屋の一部に作り変えてしまう事もできます。

部屋が少し狭くなりますが、壁際の空間を収納スペースとして確保して壁収納を作ってしまえば、狭くなった空間分だけ収納ユニットが要らなくなるので全体的に広々とした部屋にできます。

リフォームによる収納の確保は、アイデアの数だけ創りだす事ができます。
どこに、どんな目的の収納を作るかさえハッキリしておけば、そのほとんどは実現可能です。
リフォーム業者と十分な話し合いが必要になりますが、リフォームによる収納の確保は生活水準を大幅に引き上げてくれるので、その住宅の価値を高めて住みやすい家にしてくれます。

家の中がごちゃごちゃしているが、収納場所がなくて困っている時、家の中を広くしたい時などにリフォームによる収納の確保は最大限の効果を発揮してくれます。

あなたの見積もりは大丈夫?【100万以上安くなる事もあります】

リフォームにて実際に見積もりを取って見る人は多いと思います。
しかし、本当にその価格が適正かどうか分かる人は少ないのではないでしょうか。

実際に相場以上に請求された方も多くいます。
複数の業者と比較をすることで、100万円以上安くなる事例もありました。

国民生活センターでは、1日平均で15件以上の相談もあるほどです。

【リノコで適正価格診断】

  • 約10秒で概算の適正価格を知る事が出来る
  • 完全無料
  • 設立年数、口コミ調査、施工実績のある業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘がない

適正価格を診断できるというメリットだけではなく、相談員が在籍しており無料相談が可能です。
業者紹介の際には、不安・不明点をヒアリングして紹介するので、しつこい営業などもありません。

リノコの画像

既に見積もりをした方も、適正価格を知るためにも一括見積もりする事をオススメします。

⇒「>>簡単10秒!リフォームの適正診断を試してみる。
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする