リビングの収納リフォーム

この記事の所要時間: 225

リビングの収納リフォーム

リビングの収納は気を使うべき所です。
家族が集まるリビングは、棚などを別に置いてしまうとその分リビングの広さが失われていきます。
インテリアとしての意味もあるので、リビングの雰囲気にあわせて置いてみるのも良いのですが、できることならリビング自体に収納機能を持たせた方が部屋としての見栄えが良くなります。

リビングの収納いろいろ

リビングの収納は基本的に、リフォームの時に作るオーダーメイドタイプと、既成品の収納ユニットがあります。
オーダメイドタイプは1から作る収納なので、希望に合わせて作れるのが特徴です。
専用の収納や利便性を兼ね備えた収納も作れるため、壁の中にテレビを収納しておき見る時にだけ出てくるような収納や、パソコン用のテーブルを兼ねる収納、ソファーを兼ねる収納などいろいろなものが作れます。

希望すればほとんどのものが作れるのですが、その分費用面の負担が大きくなります。
また、収納の作成方法によってはリビングの広さに影響を与えることもあります。

リビングの収納を考えた場合オーダーメイドは色々なことが出来ますが、一般的な収納であればオーダーメイドにこだわらなくても良いこともあります。

一般的な収納で良い場合は収納ユニットを使えば十分な収納スペースを確保できます。

収納ユニットはボックスタイプやサイドボードタイプなど、部屋と一体になれるような形状のものが多くあります。
デザイン性にも優れているので、そのまま壁際に設置するだけでインテリアとしても使うことが出来ます。

オーダーメイドと収納ユニットを組み合わせることもできる

オーダーメイドと収納ユニットを組み合わせることもできます。
オーダメイドによる収納スペースを作り、そこに既成品の収納ユニットを組み合わせる方法で、普段は壁の中に作った見えない場所に収納ユニットを隠しておくことができます。

オーダメイドと収納ユニット、どちらが良い?

オーダーメイドはリビングそのものに収納機能を設けるもので、普段は見えない収納を作ることが得意です。
人気のある壁収納などはオーダーメイドによって作られる収納です。
収納ユニットはインテリアとしての機能もあるもので、見せることでリビングを彩ることが得意です。
中には収納機能が弱いものもありますが、リビングのアクセントとしてはかなりの効果を期待できます。

どちらが良いかはどんなリビングにリフォームしたいかによりますが、広々としたリビングを作りたいのならオーダーメイドを主題にした収納を作るほうが効果的です。

収納ユニットを主体にする場合は、収納ユニット専用の設置場所をリフォームの段階で作っておくと広々としたリビングを作りやすくなります。
ただし、この場合は収納ユニットの機能に制限がかかることもあるので注意してください。

あなたの見積もりは大丈夫?【100万以上安くなる事もあります】

リフォームにて実際に見積もりを取って見る人は多いと思います。
しかし、本当にその価格が適正かどうか分かる人は少ないのではないでしょうか。

実際に相場以上に請求された方も多くいます。
複数の業者と比較をすることで、100万円以上安くなる事例もありました。

国民生活センターでは、1日平均で15件以上の相談もあるほどです。

【リノコで適正価格診断】

  • 約10秒で概算の適正価格を知る事が出来る
  • 完全無料
  • 設立年数、口コミ調査、施工実績のある業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘がない

適正価格を診断できるというメリットだけではなく、相談員が在籍しており無料相談が可能です。
業者紹介の際には、不安・不明点をヒアリングして紹介するので、しつこい営業などもありません。

リノコの画像

既に見積もりをした方も、適正価格を知るためにも一括見積もりする事をオススメします。

⇒「>>簡単10秒!リフォームの適正診断を試してみる。
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする