省エネリフォームは性能に注意

この記事の所要時間: 235

省エネリフォームは性能に注意

省エネリフォームは、実現できればこれまでの生活を大きく変化させてくれます。

断熱性が向上した住宅はこれまでより少ないエネルギーで室内の温度や湿度をコントロールできるようになります。
1年中快適な環境で過ごせるようになる他、空調に必要なエネルギーが少なくなるので電気料金やガス料金といったライフラインの費用が安くなります。
太陽光パネルの設置をすれば、自家発電で作られた電気を電力会社に売却できます。
1kw当たりの売却額が高めなので電気料金との相殺も可能です。
太陽光パネルの規模次第では完全に電気代が0円になり、利益を得られることもあります。
蓄電池を設置すれば必要分は蓄電池に貯めておき、余剰分を売却にまわして利益を得やすくなります。

電力を自分の住宅設備で作れるのでオール電化にしても電気料金で困ることもなく、プロパンガス圏内の家庭であればガス料金が大幅に削減できます。

省エネリフォームは一時的に大きな出費になりますが、光熱費という生活に必要な負担が大幅に減るので長期的に見ると損をしにくく、投資としても魅力的です。

しかし、省エネリフォームは改修した部分や設置した設備によっては思うような結果にならないこともあります。

省エネリフォームは性能が命

省エネリフォームをする上で、改修する部分や設置した設備の性能は省エネリフォームで得られる恩恵を大きく左右します。
住宅の断熱性を向上させるにしても、太陽光発電を行うにしても、リフォームの方法や設置する設備によってその性能は変わります。
断熱性を向上させるには基本的に窓の改修を行います。
2重窓やフィルムを張るといった方法がありますが、住宅にいくつか窓がある場合は全ての窓に施工をしないとあまり意味がありません。
断熱性の向上した窓を1つ作っても、同じ部屋に他の窓があればそこから熱が逃げてしまいます。
窓の省エネリフォームは、住宅にある窓すべてに施工するほうが性能面で優れます。

太陽光発電は屋根などに太陽光パネルを設置しますが、十分な効果を得るためにはある程度のパネルの広さを確保する必要があります。
太陽光パネルの性能は最大発電量と変換効率という数値で示されていますが。最大発電量が高いと太陽光パネル全体での発電量が高くなり、変換効率が高いと天候の影響を受けにくく、狭いパネルでも十分な発電量を確保しやすくなります。
住宅にある電気設備の電力消費が多いと、性能の低い太陽光パネルではあまり効果を得られません。

現在では最大発電量が200W以上のものが主流になってきていますが、最大発電量が100W台の太陽光パネルもあります。
省エネリフォームで太陽光パネルを設置する場合は、太陽光パネルの性能が今住んでいる住宅に十分な電力を供給できるかを検討することが必要です。

ただ行えばいい、設置すればいいという考えでは省エネリフォームの意味がなくなることもあります。
省エネリフォームを検討するのなら、性能を重視して業者との打ち合わせを進めてください。

あなたの見積もりは大丈夫?【100万以上安くなる事もあります】

リフォームにて実際に見積もりを取って見る人は多いと思います。
しかし、本当にその価格が適正かどうか分かる人は少ないのではないでしょうか。

実際に相場以上に請求された方も多くいます。
複数の業者と比較をすることで、100万円以上安くなる事例もありました。

国民生活センターでは、1日平均で15件以上の相談もあるほどです。

【リノコで適正価格診断】

  • 約10秒で概算の適正価格を知る事が出来る
  • 完全無料
  • 設立年数、口コミ調査、施工実績のある業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘がない

適正価格を診断できるというメリットだけではなく、相談員が在籍しており無料相談が可能です。
業者紹介の際には、不安・不明点をヒアリングして紹介するので、しつこい営業などもありません。

リノコの画像

既に見積もりをした方も、適正価格を知るためにも一括見積もりする事をオススメします。

⇒「>>簡単10秒!リフォームの適正診断を試してみる。
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする