省エネのリフォームについて

この記事の所要時間: 240

省エネリフォーム

リフォームにも色々ありますが、生活環境を改善することが目的なら「省エネリフォーム」が最適です。
省エネリフォームといえば太陽光パネルの設置が代表的なものですが、実際には住宅内部の温度コントロールができるようにすることも含まれています。

家の断熱性の確保によって得られる生活環境の改善

日本は四季のある国です。
地球上で春夏秋冬がすべて訪れる地域は限られているので、日本はある意味恵まれています。

しかし、四季はそれぞれ気温や湿度が変わるので暑さや寒さが生活をする上で負担になることもあります。
これを改善するには住宅の気密性を上げ、断熱性能を確保する必要があります。

省エネリフォームはエネルギーを作り、節約できる住宅にすること

暑ければ涼しさを、寒ければ暖かさを求めるのはごく当たり前のことですが、それを実現するためには住宅内の温度を人がコントロールできるようにする必要があります。
室温のコントロールはエアコンやストーブなどの空調設備を使えば簡単にできますが、それには電気や灯油などのエネルギー源が必要です。
室温のコントロールに大量のエネルギーが必要になれば、その分金銭的な負担も大きくなってしまいます。
環境的にもあまりよい状態とは言えず、東日本大震災後から夏場の電力供給に不安がある状態ということもあり住宅の室温コントロールを最小限のエネルギーで行えるのが理想です。

さらに、その住宅の維持に必要なエネルギーを太陽光パネルなどの住宅設備でまかなえるようにできれば完璧な住宅になります。
これらをすべて行えるようにするのが省エネリフォームです。

省エネリフォームをするとどうなるか?

省エネリフォームは住宅全体の断熱性を上げ、さらにその住宅に太陽光パネルなど自然エネルギーを取り出す設備を備え付けてエネルギー効率を高めるものです。
省エネリフォームを施した住宅は窓から熱が失われにくくなり、太陽光などの自然エネルギーによってその住宅で使用する電力を作り出し、余った電力は電力会社に売却することで消費するだけではなく生産できる状態になります。

断熱性が高くなると住宅の室内から熱が逃げにくく、また入りにくなるので夏はエアコンの冷気が外に逃げず外からの熱を遮断するようになり、エアコンで消費する電力が減ります。
冬は室内の暖房による熱が外に逃げにくく、外の冷たさも遮られるので暖房で消費するエネルギーを減らせます。

この状態で太陽光パネルを設置すれば、消費エネルギーの減った住宅には十分なエネルギーが太陽光パネルから供給されるようになります。
実際には太陽光パネルの性能や大きさ、天候にも左右されるので生産されるエネルギーはばらつきがありますが、たとえ省エネリフォームにまとまった資金が必要だったとしても将来的には資金の回収もできます。

今考えられる住宅の最終形に近い状態にするのが、省エネリフォームです。
リフォームの中では資金が多めに必要ではありますが、メンテナンスをしっかりとしていけば過ごしやすい環境が得られる住宅を二代、三代と受け継いでいける住宅にできます。

あなたの見積もりは大丈夫?【100万以上安くなる事もあります】

リフォームにて実際に見積もりを取って見る人は多いと思います。
しかし、本当にその価格が適正かどうか分かる人は少ないのではないでしょうか。

実際に相場以上に請求された方も多くいます。
複数の業者と比較をすることで、100万円以上安くなる事例もありました。

国民生活センターでは、1日平均で15件以上の相談もあるほどです。

【リノコで適正価格診断】

  • 約10秒で概算の適正価格を知る事が出来る
  • 完全無料
  • 設立年数、口コミ調査、施工実績のある業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘がない

適正価格を診断できるというメリットだけではなく、相談員が在籍しており無料相談が可能です。
業者紹介の際には、不安・不明点をヒアリングして紹介するので、しつこい営業などもありません。

リノコの画像

既に見積もりをした方も、適正価格を知るためにも一括見積もりする事をオススメします。

⇒「>>簡単10秒!リフォームの適正診断を試してみる。
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする