スケルトンリフォーム(全面リフォーム)にかかる費用

この記事の所要時間: 256

スケルトンリフォームの費用

スケルトンリフォームは、建物の内部を解体して骨組みだけの状態にし、そこから新たに部屋の内部を作り上げていく全面リフォームの事です。
リフォームとしての規模は最大級のもので、規模が大きいぶん費用も部分的なリフォームよりはるかに高くなります。
スケルトンリフォームを行うのがマンションか、それとも一戸建てなのかでも費用の差が生まれ、マンションはスケルトンリフォームとしては低価格になりますが、一戸建ての場合は高額になります。

おおまかな目安として、マンションのスケルトンリフォームは600万円から1000万円程度の間に収まることが多いようです。
マンションの場合はリフォームができる専有部分と、リフォームができない共有部分がある事、一戸建てに比べれば居住空間が狭いことが多いので、費用もその分安くなっています。

しかし、一戸建ての場合はマンションに比べると居住空間が広めであることが多く、2階建てや3階建てのような建物もあるのでスケルトンリフォームを行うには時に一戸建て建築するくらいの費用が必要になります。
一戸建ての場合は600万円から2,000万円前後の費用がかかることが多く、リフォームの内容によっては4,000万円を超えることもあります。

家の広さや使用する資材、設置する設備や工事の内容によってスケルトンリフォームの費用は大きく変わりますが、どちらにせよ高額な費用が必要なことには変わりありません。
しかし、リフォームの形としてはこれ以上ないものを実現できるものでもあります。

費用が高額だからこそ、節約が生きてくる

スケルトンリフォームには高い費用がどうしても必要になりますが、リフォームは費用が高くなればなるほど節約の効果もより大きなものになります。
規模の大きいリフォームなので、節約が出来る部分も多く代替方法や使用する建材、設備の見直しによって相当額の節約が可能になります。
また、リフォーム業者によっても費用差が大きいので相見積もりをすれば更に節約したリフォームが実現しやすくなります。
リフォームでは相見積もりが常識なので、一括見積などを利用して必ず複数業者からの見積もりを取ってください。

節約してはいけない部分もある

スケルトンリフォームをする時の節約方法は、主にリフォーム業者選びと工法の選択、建材や資材、設備の選択に左右されますが、何でも節約すれば良い訳ではありません。
リフォームは家の耐久性に影響する工事を行うこともあり、ここを節約の対象にしてしまうと地震などの災害に弱くなる恐れがあります。
家自体も常に家自体の重さという負荷がかかっているので、耐久性に影響する部分のリフォーム工事に使用する建材や素材のランクを落としてしまうと、節約の効果はありますが家の耐久性に影響します。

節約をするのならどの部分で節約を試みるかを見極める必要があるので、リフォーム業者とよく話し合い色々な提案を出してもらうと効率よく節約ができます。

時には建て替えを選択したほうが良いことも

スケルトンリフォームを行う場合、内容によっては建て替えをした方が費用が安くなる事があるので、見積もりの時にスケルトンリフォームをした場合と、建て替えをした場合の見積もりを出してもらうようにしてください。
ただし、建て替えを選択する場合は現在の建築基準法に適合させる必要があるので、古い家の場合建坪が狭くなることがあるのでよく確認をしておきましょう。

【家にいながら複数社のリフォーム提案がもらえる】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、「タウンライフリフォーム」です。

【タウンライフリフォームをオススメする理由】
  • 運営会社の社内基準・国家基準を通ったリフォーム会社が300件以上登録
  • 3分の入力で複数の会社に一括見積り・提案を依頼出来る
  • 100万円単位で安くなる事もある
  • 見積もりだけでなく、リフォーム計画書ももらえる
  • 工事の要望や相談、アフターサービスも万全

3分の入力で、「アイデア&アドバイス」「リフォーム費用・見積もり」「リフォームプランニング」の3つの提案をもらえます。
もちろん、相談から見積り、アフターフォローまで全てが完全無料。

タウンライフリフォームの画像

利用者のアンケートにて顧客満足度が非常に高いサイトです。

リフォームを検討している方は、業者に相談するよりも中立な立場にある「タウンライフリフォーム」に見積もり、提案依頼する事をオススメします。

⇒「無料一括見積もり、提案はコチラから依頼できます
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする