自然素材にこだわるリフォーム

この記事の所要時間: 242

自然素材にこだわるリフォーム

リフォームで使われる建材は、そのほとんどが人工的なものです。
例え木材であっても、防虫処理や防腐処理がされていたり、撥水処理がされていたりするものがあるので、色々な形で人工物が関わっています。
そのおかげで建材の質が向上し、現在の建物は耐久性が高く長く住める家に仕上がります。

建材の加工には化学薬品が使われる事がほとんどで、通常なら人がその影響を受けることはありませんが、中には建材などに含まれる化学薬品に過敏な反応を起こしてしまいアレルギー症状を起こす人もいます。

また、人工的な建材ではどうしても表現できないデザインを好む人もいるため、必ずしも人が創りだした建材が全てに置いて優れているというわけでもないようです。

自然素材にこだわるリフォーム

建材などの化学薬品が原因で起こるさまざまな体調不良はシックハウス症候群と言われ、その家に住んでいるだけで体調を崩してしまい生活ができない状態に陥る事もあります。

シックハウス症候群への対策として、建材を自然素材のものにするという方法があります。
自然素材の建材は昔から使われてきたもので、珪藻土や石材、和紙といったものがあり、それらは化学薬品を使用していない、あるいは通常使われる化学薬品の量を大幅に減らしているのが特徴です。

最近では自然素材建材の種類も多くなり、100%完全な自然素材だけのリフォームをする事もできるようになりました。

色々ある自然素材

現在建材として使われている自然素材は、以下のようなものがあります。

珪藻土

ケイ素と言われる成分で出来た殻を持っている藻の一種の化石を、殻を壊さないように砕いたもので作られた土です。
産地によって色が違いますが、日本では壁に使われていたものです。
輪島塗などにも使われています。
殻にはたくさんの穴が開いているのが特徴で、空気中の臭いや湿気を吸着する効果があります。

木材

木材は骨組みだけではなく、壁や床、天井などにも使えるので自然素材だけのリフォームを考える上で重要なものです。
建材として使われる木材は化学薬品で処理されることが多いのですが、処理されていない、あるいは燻煙をして防腐効果を持たせているものがあります。

断熱材

自然素材の断熱材は性能が少し劣る製品もあるのですが、その分厚さを持たせることで機能を保っています。
使われるのは木くずや炭にしたコルク、羊毛などです。

塗料

土や石の粉などを使って色を出しているものや、オイルを溶剤として使ったものがあります。
色合いが独特で防虫性能がある製品もあり、その機能はリフォームにも十分使えるものです。

この他に綿や和紙を使った壁紙、日本ではおなじみの畳も自然素材の建材として使われます。

自然素材建材だけを使ったリフォームは、使用する建材によっては費用が高くなる事があります。
入手自体が難しい建材もあるので、自然素材にこだわるリフォームをするのなら自然素材の取り扱いが得意なリフォーム業者を選んだほうがリフォームを早く進められます。

自然素材を扱っている業者は無料一括見積を使うと見つけやすくなります。

あなたの見積もりは大丈夫?【100万以上安くなる事もあります】

リフォームにて実際に見積もりを取って見る人は多いと思います。
しかし、本当にその価格が適正かどうか分かる人は少ないのではないでしょうか。

実際に相場以上に請求された方も多くいます。
複数の業者と比較をすることで、100万円以上安くなる事例もありました。

国民生活センターでは、1日平均で15件以上の相談もあるほどです。

【リノコで適正価格診断】

  • 約10秒で概算の適正価格を知る事が出来る
  • 完全無料
  • 設立年数、口コミ調査、施工実績のある業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘がない

適正価格を診断できるというメリットだけではなく、相談員が在籍しており無料相談が可能です。
業者紹介の際には、不安・不明点をヒアリングして紹介するので、しつこい営業などもありません。

リノコの画像

既に見積もりをした方も、適正価格を知るためにも一括見積もりする事をオススメします。

⇒「>>簡単10秒!リフォームの適正診断を試してみる。
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする