リフォームとシロアリ

この記事の所要時間: 226

リフォームとシロアリ

日本で作られる住宅のほとんどは木を主に使う木造建築です。

日本の場合は建築技術が優れているので、木を特に加工せずとも水を弾くような木に仕上げられるので、木の風合いも家の景観に利用する事があるほどで、日本の住宅には欠かせないものとなっています。

しかし、木はシロアリという脅威にさらされています。
木造住宅の維持には、このシロアリヘの対策も必要になります。

リフォームとシロアリ

シロアリの被害は、なかなか分かりにくいものです。
家を守るためにシロアリ駆除や防除をしている家でも気が付けば被害に遭っていたという例は少なくありません。
シロアリの防除効果は早い場合で5年を待たずに無くなってしまう事があるので、「シロアリの防除をしたから安心」という慢心が被害を生んでしまう可能性があります。

シロアリの被害はリフォームにも影響します。
リフォーム工事中にシロアリの被害が見つかると、リフォーム工事は中断してしまう事がほとんどです。
リフォームは住宅の構造に手を加えるものなので、シロアリによって被害を受けた木材があるとリフォームに耐えられる家の耐久度が確保出来ないため、リフォーム作業を止めるしかありません。

リフォーム中にシロアリ被害が確認されたら

リフォーム中のシロアリ被害発覚は、リフォーム作業にとってかなりの痛手となる事があります。

リフォーム中にシロアリ被害が確認された場合、他の場所にも被害が広がっている事が多いので、家の他の場所も調べて、どこまでシロアリの被害が広がっているかを調べる必要があります。

また、その被害は現在も進んでいるのか、それとも今はもうシロアリがいないのかを調べ、シロアリがまだいる場合は駆除作業を行います。
シロアリがいなくなったら、シロアリが寄ってこないように防除処理をしてシロアリ対策を完了させます。

その後リフォームの再開になるのですが、シロアリの被害を受けてしまった部分は取り替えるか、解体して新しく作り直さないといけません。

この工事はリフォームを勧める上で必須になりますが、その費用はかなりの額になります。
住宅の重要部分であればさらに高額な費用が必要なので、この時点で資金面での不安が出てくる事もあります。

不安があればリフォーム前に検査を

シロアリの被害は木造であれば、どんな家でも可能性があります。
それは、例え定期的なシロアリ対策をしていたとしても可能性が0になる事はありません。

シロアリの被害はリフォームにかなりの影響を及ぼしますが、最初に検査をしておけば、シロアリ被害があるのならリフォーム前に修復してリフォームを後回しにするか、リフォームと同時に修復するかを選択出来ます。

資金面の計画も立てやすくなるので、不安があるのならリフォームの前にシロアリの検査を行ってみてください。

あなたの見積もりは大丈夫?【100万以上安くなる事もあります】

リフォームにて実際に見積もりを取って見る人は多いと思います。
しかし、本当にその価格が適正かどうか分かる人は少ないのではないでしょうか。

実際に相場以上に請求された方も多くいます。
複数の業者と比較をすることで、100万円以上安くなる事例もありました。

国民生活センターでは、1日平均で15件以上の相談もあるほどです。

【リノコで適正価格診断】

  • 約10秒で概算の適正価格を知る事が出来る
  • 完全無料
  • 設立年数、口コミ調査、施工実績のある業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘がない

適正価格を診断できるというメリットだけではなく、相談員が在籍しており無料相談が可能です。
業者紹介の際には、不安・不明点をヒアリングして紹介するので、しつこい営業などもありません。

リノコの画像

既に見積もりをした方も、適正価格を知るためにも一括見積もりする事をオススメします。

⇒「>>簡単10秒!リフォームの適正診断を試してみる。
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする