リフォームを失敗する人の特徴とは?

この記事の所要時間: 246

リフォームでの失敗

リフォームで失敗。
考えたくもないことですが、リフォームを実行して失敗してしまう人は残念なことに存在します。

なぜ失敗してしまうのかの理由は様々ですが、失敗する人の特徴はある程度決まっています。

相見積もりをしない

リフォームはそれなりに費用がかかるものです。
施工はリフォーム業者に頼むのですが、同じ内容、同じ条件のリフォームでもそれを行う業者によって費用が異なります。
業者ごとの費用の差を比べるには相見積もりをする必要がありますが、これを怠ると費用面での失敗につながります。
リフォームにかかる費用は業者間の差が激しいので、相見積もりを怠ると100万円単位で損をする可能性があります。
一度契約してリフォームが進んでしまえば、後でもっと安い費用で済ませられたことを知ってもどうすることもできません。

打ち合わせを十分にしない

リフォーム業者は、依頼された内容のリフォームを完璧に行うために何度でも打ち合わせに応じてくれます。
リフォームをするにあたり、業者との打ち合わせは生命線とも言えるもので、仕上がり具合にも影響します。
いくらリフォームを行う職人がプロの集団だとしても、きちんとした計画がなければ良い仕事はできません。
リフォームの計画を作り上げるためにも、打ち合わせは納得できるまで何度でも行う必要がありますが、結構面倒なのものです。
しかし、打ち合わせは手抜きや妥協をすると考えていたリフォームの仕上がりにならず失敗の原因となってしまいます。

費用の安さを追い求めすぎる

リフォームというお金のかかるものは、節約の努力をすれば10万円から100万円単位での経費削減が期待できます。
節約の方法も相見積もりさえしておけば十分なので難易度が低く、リフォーム費用の節約はやるべきことをしっかりやっておけば誰にでもできます。
しかし、リフォームの種類によっては安さばかりを追い求めてしまうと失敗することがあります。
安さを重視する上で注意するべきは外壁や屋根の塗装で、安い塗装費用では使用される塗料の耐久年数が低かったり、保証期間が短かったりと、長い目で見ると後々問題が起きた時に困る可能性があります。
安さを重視する場合は、耐久年数や保証期間も考慮しないと何かが起きた時に困ることになります。

DIY

小規模のリフォームなら、自力で行うこともできます。
しかし、いくら小規模とは言えある程度の技術が必要なものもあるので、安易に行うと結果が散々なものになり修復にお金がかかるだけになることもあります。
DIYは趣味にも相当するのですべて否定できるものではありませんが、日頃DIYをしていない、リフォームの規模が大きいといった場合は素直にプロに任せたほうが手間もお金も節約できます。

この他にも、無計画に詰め込んだリフォーム内容で計画自体が頓挫する、負担を考えずにローンを組んでしまい支払いが厳しくなるといった失敗もあります。

リフォームはかかる費用が100万円以上かかることもあるものです。
失敗をすればお金だけではなく、行ったリフォーム自体も無駄になってしまいます。
失敗を避けるためにも、慎重な行動を心がけてください。時には取りやめるという選択も必要です。

あなたの見積もりは大丈夫?【100万以上安くなる事もあります】

リフォームにて実際に見積もりを取って見る人は多いと思います。
しかし、本当にその価格が適正かどうか分かる人は少ないのではないでしょうか。

実際に相場以上に請求された方も多くいます。
複数の業者と比較をすることで、100万円以上安くなる事例もありました。

国民生活センターでは、1日平均で15件以上の相談もあるほどです。

【リノコで適正価格診断】

  • 約10秒で概算の適正価格を知る事が出来る
  • 完全無料
  • 設立年数、口コミ調査、施工実績のある業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘がない

適正価格を診断できるというメリットだけではなく、相談員が在籍しており無料相談が可能です。
業者紹介の際には、不安・不明点をヒアリングして紹介するので、しつこい営業などもありません。

リノコの画像

既に見積もりをした方も、適正価格を知るためにも一括見積もりする事をオススメします。

⇒「>>簡単10秒!リフォームの適正診断を試してみる。
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする