リフォームの資金計画の重要性

この記事の所要時間: 247

リフォームの資金計画

リフォームを行うには資金が必要です。
ごく当たり前の事ですが、これが人生を大きく狂わせる発端になる事もあります。

リフォームはある程度の規模になると、数百万円以上の費用が必要になります。
どこからも借りる事なく現金で用意できるのなら良いのですが、それはなかなか難しいものです。
リフォームを行うということは、ほとんどの場合一戸建てかマンションを購入しているはずなので、よほど裕福でもない限り住宅ローンを抱えていることでしょう。

リフォームに必要な費用は住宅ローンで借り入れができますが、借り入れた金額の分月々の支払いが増える事になります。
増えた分の支払額はそのまま家計を直撃し、経済的な負荷を高めてしまいます。

リフォームで家計が破綻する

リフォーム費用を借り入れで確保した場合、それまでの借入金によっては家計の破綻を招く恐れがあります。

生活の中で借金を作る機会は多いもので、住宅ローンの他にもマイカーローン、クレジットカードといった生活をしていく上で必要な借り入れは存在します。
そこに新たな借り入れが加わると、それまで収入と返済のバランスが維持出来ていた家計が一気に崩壊するか、少しづつ崩壊して最後には破綻する危険があります。
特にある程度まとまったリフォーム資金が必要で、それを借り入れで確保する場合は現在の収入でどこまで借り入れられるかを正確に把握しておかないと、気がついた時には手遅れになっている事もあります。

借り入れによる家計の崩壊は音もなく進行している事も多いので、数字という明確な状態で把握しておかないと破産という最悪の事態を招き、全てを失う事にもなりかねません。
万が一支払いが滞れば、銀行は容赦なく回収のために手動きます。

クレジットでの借り入れは特に危険

銀行の住宅ローンではなく、金融業者の住宅ローンは、「ローン」ではなく「クレジット」と言われるもので、クレジットカードを使いリフォーム資金を確保する事と変わりません。
一般的に銀行よりも金融業者の方が金利が高いので、予想以上の利息負担になります。

リフォームでの家計破綻を防ぐために

リフォームの資金を借り入れで用意するのなら、今ある借り入れの総額と月々の返済の把握が必須です。
つまり、リフォームの資金計画ですね。
その上で新たな借り入れした場合、毎月の返済額がどの位になるのかを計算し、今の収入で返済をしながら生活できるのかをよく検討します。
検討した結果家計に影響が出るのなら、リフォームの規模を小さくして費用を抑えるか、リフォームを一度諦め資金を準備するかの2択から選ぶ事になります。

工夫次第では負担が減る

リフォームを借り入れで行う場合、金利の安い住宅ローンへの借り替えや相見積もりで工事費用が安いリフォーム業者を探すと負担が減らせます。
借り替えはリスクが伴いますが、上手くいけば数百万円の負担減になります。
相見積もりによるリフォーム業者探しも効果的で、リフォームによっては百万円単位で節約できる事もあります。

万が一家計が破綻すると多くのものを失い、再建にはかなりの時間と労力を必要とします。
リフォームが必要であっても、経済的な問題が解決できないのなら無理に行わない方が安全です。

あなたの見積もりは大丈夫?【100万以上安くなる事もあります】

リフォームにて実際に見積もりを取って見る人は多いと思います。
しかし、本当にその価格が適正かどうか分かる人は少ないのではないでしょうか。

実際に相場以上に請求された方も多くいます。
複数の業者と比較をすることで、100万円以上安くなる事例もありました。

国民生活センターでは、1日平均で15件以上の相談もあるほどです。

【リノコで適正価格診断】

  • 約10秒で概算の適正価格を知る事が出来る
  • 完全無料
  • 設立年数、口コミ調査、施工実績のある業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘がない

適正価格を診断できるというメリットだけではなく、相談員が在籍しており無料相談が可能です。
業者紹介の際には、不安・不明点をヒアリングして紹介するので、しつこい営業などもありません。

リノコの画像

既に見積もりをした方も、適正価格を知るためにも一括見積もりする事をオススメします。

⇒「>>簡単10秒!リフォームの適正診断を試してみる。
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする