リフォーム資金の借入など

この記事の所要時間: 244

リフォーム資金

リフォーム資金の借入などについて記載していきます。

リフォームは手軽な費用で行えるものもありますが、ある程度の規模になれば100万円単位でのお金が必要になります。
選んだリフォームプランによっては住宅が1軒建ってしまうしまうくらいかかることもあり、いかにリフォーム費用を確保するかも大事な要素になってきます。

また、用意できる費用次第で可能なリフォームも大きく変わります。
費用をどこまで用意できるのかは、リフォームを行う時にその方向性を決めることになります。
費用の確保は自己資金を使う方法とローンを組む方法もありますが、場合によってはそれ以外の方法も存在します。

リフォーム資金を自己資金で賄う

一番負担が少なく確実なのが自分で用意できる分の現金をリフォーム資金にすることです。
銀行でローンを組むと借入金は現金で手にできますが、自己資金でリフォーム資金を用意することはローンなどを使わず今ある手持ちのお金を資金に当てたり、何かを売却して資金に当てることを意味します。
一時的にまとまった出費になりますが、ローンを組まないので利息分の負担が減ります。
長期的に考えれば、自己資金のみでリフォームを行うほうが全体の負担は小さくなります。

ローンを組んでリフォームを行う

自己資金でリフォーム費用をまかなえない時は、ローンを組んで費用を調達することもできます。

ローンとクレジット

一般的に「ローン」と言われているものは、銀行からの借入を指します。
信販系などの企業からの借り入れは「クレジット」と言われるもので、銀行よりも審査が早く借りやすいのですがローンに比べて利息が高いというデメリットがあります。
リフォーム業者で提供されているものは、基本的に信販系の会社が提供するクレジットです。

クレジットよりもローンのほうが利息の負担が小さいのですが、クレジットでも銀行のローン並かそれ以下の利息で利用できる場合もあるので、どちらが負担を少なくできるかははっきりとはいえません。
利息は必ず明確に表記されているので、比較をすれば最小限の利息でリフォームを行えます。

不足分を借入でまかなう

ローンやクレジットはリフォーム費用の全額以外にも、自己資金で足りない分を補うという使い方もできます。
可能な限り自己資金を確保してから不足分を借り入れでまかなえば、利息の負担は大きく減らすことができます。

災害でリフォームを余儀なくされたのなら保険も使える

災害でリフォームが必要な場合は、保険でリフォーム費用をまかなえることもあります。
基本的には火災保険を掛けてあれば火災以外にもほとんどの自然災害に適用されますが、保険が全額出ないこともあるのである程度の自己資金が必要です。

大規模な災害だった場合は国や自治体からの補助金が出る可能性もあり、自己資金が必要とは言え大きく負担を減らすことができます。

リフォームを行うときには、資金の調達は必須です。
どれだけの資金を調達できて、どうやって調達するかはリフォーム計画の全体にも影響することなので、調達できる資金がどのくらいなのかはリフォームを計画したときに必ず把握しておきましょう。

あなたの見積もりは大丈夫?【100万以上安くなる事もあります】

リフォームにて実際に見積もりを取って見る人は多いと思います。
しかし、本当にその価格が適正かどうか分かる人は少ないのではないでしょうか。

実際に相場以上に請求された方も多くいます。
複数の業者と比較をすることで、100万円以上安くなる事例もありました。

国民生活センターでは、1日平均で15件以上の相談もあるほどです。

【リノコで適正価格診断】

  • 約10秒で概算の適正価格を知る事が出来る
  • 完全無料
  • 設立年数、口コミ調査、施工実績のある業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘がない

適正価格を診断できるというメリットだけではなく、相談員が在籍しており無料相談が可能です。
業者紹介の際には、不安・不明点をヒアリングして紹介するので、しつこい営業などもありません。

リノコの画像

既に見積もりをした方も、適正価格を知るためにも一括見積もりする事をオススメします。

⇒「>>簡単10秒!リフォームの適正診断を試してみる。
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする