洗面所リフォームの費用とは?

この記事の所要時間: 242

洗面所リフォームの費用について

洗面所のリフォームは、リフォーム全体の中でもトイレに次いで低価格で行えます。

リフォームをする場所の広さも費用に影響しますが、洗面所は基本的にあまり広くない部分なのでリフォーム費用も安く抑えられる事が多くなっています。

費用は選択した洗面台や設置する場所で変動しますが、安価で十分な効果を得られるので初めてのリフォームとして行ってみるのも良いかもしれません。

洗面台リフォームにかかる費用

洗面台リフォームに掛かる費用はシステム型とユニット型で変わってきます。

ユニット型

ユニット型を選択した場合、ほとんどの場合10万円から40万円の間です。

洗面台には基本となる幅(間口)があり、家庭で使われる洗面台の幅は最小で60cm、最大で120cm程度です。
60cmから75cm程度の小さい洗面台は価格が安く、3万円から5万円程度で購入できます。
価格が安いから使い勝手が悪くデザインも悪いということはなく、安い価格帯でもシンプルで清潔感があり使いやすいものが多く揃っています。
75cmまでの洗面台を設置する場合に掛かる工事費用は2万円から3万円程度なので、10万円以下で洗面台の交換が出来ます。

洗面台の価格が高くなればその分リフォームに掛かる費用も増えていきますが、一般的な家庭であれば高価格帯の洗面台を設置したとしても40万円を超える事は少なめです。

システム型

システム型を選択した場合は50万円を超える場合が多くなります。
システム型は洗面台だけではなく洗面台を設置する部屋の内装も自由に変えられるのですが、変える部分が多い分工事費用が高くなります。

また、システム型は洗面台を構成するパーツを自由に組み合わせられるので、パーツごとの価格もリフォーム費用に影響します。
高級なものを沢山選択すればその分費用もかかりますが、ユニット型にはない独自の洗面台を作り上げる事が出来きます。

システム型はカスタマイズ性を求めて高級感を出すリフォームに向いていますが、パーツをリーズナブルなものにすればユニット型よりも安い費用で洗面台のリフォームを行える場合もあります。
システム型は自由度が高い分計画性がものを言う洗面台リフォームなので、予算を把握し管理出来るのなら「かゆい所に手が届く」リフォームを実現してくれます。

その他の費用とは?

システム型、ユニット型ともに内装工事や解体が伴う場合はもう少し高めの費用が掛かる場合があります。
洗面台を設置している部屋を広くする、内装を変える、壁や床を張り替える、洗濯機の収納場所を作ると言った事を同時に行えば、その分の費用が上乗せされます。

特に解体や部屋の拡張を伴う場合は、100万円前後の費用が掛かる事もあります。
洗面台はその場所がトイレや浴室と近接している事が多いので、洗面台のリフォームのためにトイレや浴室のリフォームも必要になる場合もあります。
洗面台のリフォームはあまり規模を大きくすぎると周りにある部屋のリフォームも考える事になるので、どこまで行うかはよく考えて、リフォーム業者との打ち合わせもしっかりと行っておきましょう。

あなたの見積もりは大丈夫?【100万以上安くなる事もあります】

リフォームにて実際に見積もりを取って見る人は多いと思います。
しかし、本当にその価格が適正かどうか分かる人は少ないのではないでしょうか。

実際に相場以上に請求された方も多くいます。
複数の業者と比較をすることで、100万円以上安くなる事例もありました。

国民生活センターでは、1日平均で15件以上の相談もあるほどです。

【リノコで適正価格診断】

  • 約10秒で概算の適正価格を知る事が出来る
  • 完全無料
  • 設立年数、口コミ調査、施工実績のある業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘がない

適正価格を診断できるというメリットだけではなく、相談員が在籍しており無料相談が可能です。
業者紹介の際には、不安・不明点をヒアリングして紹介するので、しつこい営業などもありません。

リノコの画像

既に見積もりをした方も、適正価格を知るためにも一括見積もりする事をオススメします。

⇒「>>簡単10秒!リフォームの適正診断を試してみる。
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする