ペットとの暮らしを快適にするリフォームとは?

この記事の所要時間: 246

ペットのリフォーム

リフォームは人間だけのためではなく、ペットのためにも行うことが出来ます。

ペットは「ペット」ではなく家族の一員として扱われることが多くなりました。
リフォームは家族が住みやすくするために行うものなので、家族の一員であるペットにも快適に生活出来る空間をリフォームで作る人が増えています。

ペットのためのリフォームは、時に人間への制限を掛けてしまうこともありますが、上手くバランスを取ればペットにも人間にも暮らしやすいリフォームが可能です。

ペットのことを考えたリフォーム

ペットのことも考慮したリフォームを行う場合、人間のためのリフォームではペットにとって望ましくないことがあります。
しかし、ペットにとって望ましくないリフォームをすべて避けることはできません。
ある程度ペットにも負担を掛けてしまうことになりますが、ペットのことを考慮したリフォームは通常のリフォームよりもペットが快適に暮らせます。

ペットにはフローリングは不向き

リフォームでは人気のあるフローリングは、ペットにはあまり向いていません。
人とは足の作りが違うペットは、フローリングの上を歩くとつるつると滑りやすいのです。
そのため、何かの拍子に走った時滑って転倒しケガをすることがあります。

とはいえ、フローリングのような床材は人間の生活のことも考えないと、ペットは良くても人間が転倒しやすいでは意味がありません。
フローリングの代替になる素材はクッションフロアです。
近年ペット向けのリフォームをする人が増えたこともあり、リフォーム素材もペット用のものが出てきました。
クッションフロアはその1つで、ペット向けの製品が販売されています。
ペット用のクッションフロアはペットの爪が適度に引っかかるために転倒しにくく、撥水性もあるので手入れが簡単です。
人間の歩行も問題なく、価格が安いので導入しやすいのも利点です。

ペット用のクッションフロアの他には、タイルを使う方法があります。
タイルはそれ自体が防水性に優れ、人にもペットにも滑りにくい素材です。
床用のタイルはデザインも優れているので、部屋の雰囲気を演出するのにも役立ちます。

タイルの場合は施工費用が高めなので、玄関や外につながる動線のような狭い場所に設置すると節約ができます。

ペット部屋はペット優先で

ペット専用の部屋を作る場合は、人がペット部屋を管理しやすい作りにすることが前提ですがペット優先のリフォームで構いません。
壁に臭いを吸収しやすいセラミクスタイルや珪藻土、漆喰を使う、採光が出来るなら光触媒をする、二重窓にして断熱性をあげ寒暖の差をなくすなど、ペットがその部屋で快適に暮らせるためのリフォームを自由にできます。

あまり広いと費用がかかりますが、2畳から4畳程度の広さであれば解体を伴わない限り10万円から20万円ほどでリフォームができます。

あくまで人間が主役

ペットに合わせたリフォームをしても、住宅の管理をするのは人間です。
ペットに合わせすぎて人間が不便になる、または人間に合わせすぎてペットが不便になるではペットのことを考慮したリフォームの意味がないので、バランスをよく考えて計画を立ててください。

あなたの見積もりは大丈夫?【100万以上安くなる事もあります】

リフォームにて実際に見積もりを取って見る人は多いと思います。
しかし、本当にその価格が適正かどうか分かる人は少ないのではないでしょうか。

実際に相場以上に請求された方も多くいます。
複数の業者と比較をすることで、100万円以上安くなる事例もありました。

国民生活センターでは、1日平均で15件以上の相談もあるほどです。

【リノコで適正価格診断】

  • 約10秒で概算の適正価格を知る事が出来る
  • 完全無料
  • 設立年数、口コミ調査、施工実績のある業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘がない

適正価格を診断できるというメリットだけではなく、相談員が在籍しており無料相談が可能です。
業者紹介の際には、不安・不明点をヒアリングして紹介するので、しつこい営業などもありません。

リノコの画像

既に見積もりをした方も、適正価格を知るためにも一括見積もりする事をオススメします。

⇒「>>簡単10秒!リフォームの適正診断を試してみる。
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする