2世帯住宅のリフォームにかかる費用

この記事の所要時間: 35

2世帯住宅のリフォームにかかる費用

2世帯住宅のリフォームにかかる費用の差は大きく、10万円程度からできるものもあれば2,000万円以上かかるものもあります。
どこをどんな風にリフォームするか、どんな素材を使うかで費用に差が出るのは通常のリフォームと同じです。

費用が安いリフォームは、通常のリフォームの範囲内

費用が安いリフォームは、通常の住宅で行われるリフォームの内容と同じです。
手すりをつけたり、天井や床、壁を張り替えたり、部屋を作り替えたりといった事がこの価格帯のリフォームです。
このリフォームは、特に2世帯住宅独特のリフォームとは言えないものなので、明確に言えば「2世帯住宅のリフォーム」というよりは一般的なリフォームと考えたほうが良いかもしれません。

これらのリフォームにかかる費用は、一般的な住宅のものとほとんど変わりありません。
また、リフォームで出来る範囲も同等なので、通常のリフォームと同じ費用が必要だと考えて構いません。

どこをリフォームするかにもよりますが、通常のリフォームの範囲内であれば小規模なもので10万円前後、大規模なもので400万円以内で収まることがほとんどです。

2世帯住宅向けのリフォームになると、一気に費用が跳ね上がる

2世帯住宅向けのリフォームになると、リフォームに必要な費用が一気に跳ね上がります。
費用が高いものはスケルトンリフォームと言われるもので、住宅を骨組みだけにして部屋を作り直す方法です。
スケルトンリフォームは通常の住宅でも行われますが、住宅の中も外も作り替えられるので通常の住宅を2世帯住宅化する場合にもこの方法が採られます。

スケルトンリフォームをする場合、その費用は1000万円を超えてしまう事も多く、リフォームの内容によっては4,000万円以上かかることもあります。
費用によっては2世帯住宅への建て替えを選択した方が費用が安く自由度も高いことがあるので、建て替えも視野に入れて検討するべき価格帯です。

元から2世帯住宅だった場合のリフォームも、部屋の作り替えなど規模の大きな作業になると費用が通常の住宅よりも高額になることがあります。

2世帯住宅の場合は設備の一部を共用で使っているのか、それぞれの世帯に用意されているのか、2世帯同時にリフォームをする必要があるのかでリフォームにかかる費用に差がでます。
また、2世帯住宅は2つの世帯がそれぞれの生活空間を持つので、リフォームは2世帯が使っている部屋や設備を同時にリフォームする必要がある場合も出てきます。

例えば、2世帯の寝室を同時にリフォームする、トイレを同時にリフォームすると言った場合です。
この場合、2つの部屋をリフォームするので単純に考えれば費用が通常の2倍かかることになります。

外壁やエクステリアは例外

家の外壁やエクステリアは、いくら2世帯住宅と言っても半分に塗り分けたり、作りを分けてしまえば混沌とした景観になってしまうので、基本的には通常の住宅と同じようなリフォームを行います。
そのため、外壁やエクステリアは作業内容と広さという、一般的な住宅と同じ要素で費用が決まります。

節約方法は通常のリフォームと同じ

2世帯住宅のリフォームはその方法によってかなりの費用が必要ですが、節約の方法は通常の住宅リフォームと同じです。
相見積もりでの業者選び、使用する建材や素材、リフォームの工夫で費用を安くできます。
どこまで節約出来るかはリフォーム業者の質にも左右されるので、2世帯住宅のリフォーム実績の多い業者を探してみてください。
業者探しは一括見積を使えば簡単に見つかります。

あなたの見積もりは大丈夫?【100万以上安くなる事もあります】

リフォームにて実際に見積もりを取って見る人は多いと思います。
しかし、本当にその価格が適正かどうか分かる人は少ないのではないでしょうか。

実際に相場以上に請求された方も多くいます。
複数の業者と比較をすることで、100万円以上安くなる事例もありました。

国民生活センターでは、1日平均で15件以上の相談もあるほどです。

【リノコで適正価格診断】

  • 約10秒で概算の適正価格を知る事が出来る
  • 完全無料
  • 設立年数、口コミ調査、施工実績のある業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘がない

適正価格を診断できるというメリットだけではなく、相談員が在籍しており無料相談が可能です。
業者紹介の際には、不安・不明点をヒアリングして紹介するので、しつこい営業などもありません。

リノコの画像

既に見積もりをした方も、適正価格を知るためにも一括見積もりする事をオススメします。

⇒「>>簡単10秒!リフォームの適正診断を試してみる。
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする