二世帯住宅のリフォーム

この記事の所要時間: 246

二世帯住宅のリフォーム

二世帯住宅とは、その名の通り2つの家族が同じ家の中で暮らせるようになっているものです。
子供が自分の親と同居するために取られる方法の1つで、住宅の構造によって2つのタイプがあります。

1つは「完全分離型」と言われるもので、住宅が完全に世帯ごとの空間に分かれているタイプです。
それぞれの生活空間に生活する上で必要になるトイレや浴室、キッチンといった設備が用意されていて、住宅内にお互いの生活空間との動線がありません。
玄関も2つ用意されているので、住宅内で2つの世帯が接点を持つことがなく、同じ家に住んでいるというよりは2つの独立した家がくっついていているようなものです。
このタイプは二世帯住宅が現れた初期に見られたものですが、最近では完全分離型はあまり見られなくなりました。

もう1つのタイプは「部分共有型」というもので、完全分離型に変わって二世帯住宅の新たな形として増えてきています。
風呂やキッチンなどの居住スペース以外を2世帯で共用する形になっているので、建設にかかる費用が多少安くなり、世帯間の動線も確保されているのでシェアハウスによく似ています。
寝室などの生活空間は別になりますが、世帯間の空間に繋がりがあるのでコミュニケーションが取りやすいのが特徴です。

二世帯住宅は完全分離型と部分共有型で家の中の作りに違いがありますが、どちらのタイプでもリフォーム出来ます。

より良い二世帯住宅をリフォームで作る

二世帯住宅は2つの世帯が別々の空間で暮らせるようにした家なので、リフォームもそれに合わせて行う必要があります。
形式的には通常の住宅で行うリフォームと同じで、リフォームしたい場所を指定できるのでどちらかの世帯が暮らす居住スペースだけをリフォームする事もできます。

部屋の内部は必要な部分を選択してリフォームが出来ますが、部分共有型の場合は2つの世帯が一緒に使うものなので、事前に話し合いどういったリフォームにするかを決めておく必要があります。

完全分離型の場合はそれぞれの世帯が使う空間が違うので、その空間で生活している家族に合わせる必要があります。
親が住んでいる空間はバリアフリーリフォームをしながら、自分が住む空間は子供の成長などに合わせたリフォームをするなど、その空間で必要とされるリフォームを計画する必要があり、別々の視点からリフォーム内容を決めていきます。

完全分離型を部分共有型に変更する事も出来る

完全分離型の2世帯住宅なら、リフォームで部分共有型に変更する事も出来ます。
親の介護が必要な場合は、親が住む空間をバリアフリー化しながら部分共有化にして介護をしやすい家にする事で、家族の負担を減らす効果も期待できます。

部分共有型から完全分離型へのリフォームも可能ですが、新たにキッチンなどの設備を作る必要があるため多くの費用を必要とします。

2世帯住宅のリフォームは、一般的な住宅とは違いリフォーム内容は同じでも2つの側面から見る必要があります。
失敗すると、どの空間も住みにくくなってしまうので、リフォーム計画は業者とよく話し合ってから決めるようにしましょう。
可能であれば、2世帯住宅のリフォーム実績のあるリフォーム業者を選んでください。

あなたの見積もりは大丈夫?【100万以上安くなる事もあります】

リフォームにて実際に見積もりを取って見る人は多いと思います。
しかし、本当にその価格が適正かどうか分かる人は少ないのではないでしょうか。

実際に相場以上に請求された方も多くいます。
複数の業者と比較をすることで、100万円以上安くなる事例もありました。

国民生活センターでは、1日平均で15件以上の相談もあるほどです。

【リノコで適正価格診断】

  • 約10秒で概算の適正価格を知る事が出来る
  • 完全無料
  • 設立年数、口コミ調査、施工実績のある業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘がない

適正価格を診断できるというメリットだけではなく、相談員が在籍しており無料相談が可能です。
業者紹介の際には、不安・不明点をヒアリングして紹介するので、しつこい営業などもありません。

リノコの画像

既に見積もりをした方も、適正価格を知るためにも一括見積もりする事をオススメします。

⇒「>>簡単10秒!リフォームの適正診断を試してみる。
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする