マンションの洋室リフォーム

この記事の所要時間: 228

マンションの洋室リフォーム

マンションで洋室のリフォームをする場合、解体をするかしないかで費用やリフォーム後の部屋の状態に差が出てきます。

マンションは一戸建てとは違う制約がありますが、基本的には一戸建てと同じような洋室のリフォームが可能です。
とはいえ、一戸建てとは違う問題が希望するリフォームの妨げになる場合もあります。
マンションでの洋室リフォームは、マンション特有の制限がかかる事を理解して周りの住人への配慮にも神経を尖らせる必要が出てくる場合があります。

マンションの洋室リフォーム

マンションの洋室リフォームで出来る事は、壁紙の張替え、戸の変更、床、天井の張替え、部屋の統合や分割です。
これらはその部屋の所有者が自由に変更できる専有部分なので、基本的にリフォームで改装する事が出来ます。
ただし、窓は共有部分なので変更ができず、同じく共有部分の玄関ドアは部屋から見えている部分の塗装は可能ですが、玄関ごと交換する事は出来ません。
リフォームを考えている洋室に窓や玄関ドアが関係する場合は、あらかじめ窓と玄関ドアの変更は排除して計画を立てておく必要があります。

マンションの洋室リフォーム、どこまで出来る?

どんなリフォームが可能かは部屋の広さにもよりますが、洋室のリフォームとしては定番である壁紙の交換は、どんなマンションの洋室でも特に制限を受けずに行えます。

壁の解体も可能で、壁を壊して部屋と部屋を統合し広くする事も出来ます。
壁の場合は部屋と部屋を仕切っている部分の解体が可能です。
窓側の壁や玄関側の壁、部屋の四方にある壁は解体すると隣の部屋や部屋の外に繋がってしまうので、壁に付けられている石膏ボードなどの内装材のみ解体が出来ます。

床の張替えはフローリングと畳どちらも可能で、フローリングから畳、または畳からフローリングへ変えれます。
天井も床と同様に張り替えが可能で、天井が吊り天井だった場合は、天井の高さを上げることも可能です。
部屋の高さが確保できるのなら、ロフトを作る事も出来ます。

その他にも、壁収納の設置も可能で、部屋が少し狭くなりますが、見えない収納を作り出せます。
マンションの洋室リフォームは、共有部分に手を付けない限りどんなものでも可能となっています。

音やマンション毎の違いに注意

マンションの洋室をリフォームする場合、集合住宅であるという事を念頭に行わないとトラブルの原因になります。
問題になりやすいのがマンションの構造に関わる共有部分というもので、例え自分の部屋の中であってもリフォームができない部分があり、ここを変更してしまうと大きなトラブルになります。
リフォーム中の作業音や解体で出てきた廃材の搬出などもトラブルの原因になりやすいものです。
これらはリフォーム業者側で対処してもらうしかないので、リフォーム計画時によく話し合いをしておきましょう。

あなたの見積もりは大丈夫?【100万以上安くなる事もあります】

リフォームにて実際に見積もりを取って見る人は多いと思います。
しかし、本当にその価格が適正かどうか分かる人は少ないのではないでしょうか。

実際に相場以上に請求された方も多くいます。
複数の業者と比較をすることで、100万円以上安くなる事例もありました。

国民生活センターでは、1日平均で15件以上の相談もあるほどです。

【リノコで適正価格診断】

  • 約10秒で概算の適正価格を知る事が出来る
  • 完全無料
  • 設立年数、口コミ調査、施工実績のある業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘がない

適正価格を診断できるというメリットだけではなく、相談員が在籍しており無料相談が可能です。
業者紹介の際には、不安・不明点をヒアリングして紹介するので、しつこい営業などもありません。

リノコの画像

既に見積もりをした方も、適正価格を知るためにも一括見積もりする事をオススメします。

⇒「>>簡単10秒!リフォームの適正診断を試してみる。
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする