マンションのトイレリフォームについて

この記事の所要時間: 234

マンションのトイレリフォーム

マンションのトイレリフォームは、一戸建てに比べると多少の制約がかかりますが不可能というわけではありません。
マンション内のトイレは配管以外であれば自由に変更できますが、マンションという集合住宅特有の問題があるので少々の注意が必要です。

マンションのトイレリフォーム

マンションでトイレリフォームを行う場合、一戸建てに比べてリフォーム費用の差があります。
マンションでトイレをリフォーム場合は規模が極端になることがあり、小規模になるか大規模になるかのどちらかになる事がほとんどです。

マンションのトイレリフォームで出来る事

マンションの場合は便器の交換、壁、天井、床の張替えの他に温水洗浄便座の導入ができます。
基本的な部分は一戸建てと同じようなリフォームが可能で、壁を解体してトイレを広くしたり、収納を作ったり手洗いを設置したりも可能です。
マンションの構造によっては出来ないこともありますが、制約を受けない部分であれば好きなようにリフォームできます。
出来る範囲はマンションによって変わるので、どこまで出来るかはリフォーム業者との打ち合わせでよく確認しておく必要があります。

マンションのトイレリフォームにかかる費用

マンションの場合、トイレリフォームにかかる費用はおおむね50万円以内で収まることが多くなっています。
内装などがある程度整っているマンションのトイレはあまり手をかける部分がないので、費用をかけてリフォームをする場所が少ないのです。

ただし、トイレが浴室と一体になっている場合は大掛かりな工事が必要な場合があります。
トイレと浴室が一体の場合、ユニットバスであることがほとんどなので解体と処分が必要です。
さらにトイレだけではなく浴室も作る必要が出てくるので、2つのリフォームを同時に行うことになります。
その分費用も高くなってしまうので、100万円を超えることもでてきます。

マンション独自の制約やトラブルにも注意

マンションには管理組合が存在し、そのマンション独自のルールが作られていることもあります。
一般的にはトイレはその部屋の所有者が自由にできる場所ですが、そうではないこともありえないとはいえないので必ず確認が必要です。
また、大掛かりな工事になる場合は騒音への配慮も必要です。
工事中の音は配慮だけではどうにもならないことも多いので、リフォーム業者や管理組合とよく相談しておかないとトラブルになる可能性があります。

特に解体を伴う場合は解体の大きな音だけではなく、解体したものを運び出す作業も必要になるのでリフォーム業者と作業工程についての打ち合わせも必要です。

集合住宅でのトラブルは尾を引くことがあるので十分なケアを

集合住宅でのトラブルは一度起こしてしまうと尾を引くことがあります。
マンションでリフォームをするのなら、トイレに関わらずリフォーム業者との打ち合わせは入念に行い、トラブルを避ける努力も最大限に行ってください。

あなたの見積もりは大丈夫?【100万以上安くなる事もあります】

リフォームにて実際に見積もりを取って見る人は多いと思います。
しかし、本当にその価格が適正かどうか分かる人は少ないのではないでしょうか。

実際に相場以上に請求された方も多くいます。
複数の業者と比較をすることで、100万円以上安くなる事例もありました。

国民生活センターでは、1日平均で15件以上の相談もあるほどです。

【リノコで適正価格診断】

  • 約10秒で概算の適正価格を知る事が出来る
  • 完全無料
  • 設立年数、口コミ調査、施工実績のある業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘がない

適正価格を診断できるというメリットだけではなく、相談員が在籍しており無料相談が可能です。
業者紹介の際には、不安・不明点をヒアリングして紹介するので、しつこい営業などもありません。

リノコの画像

既に見積もりをした方も、適正価格を知るためにも一括見積もりする事をオススメします。

⇒「>>簡単10秒!リフォームの適正診断を試してみる。
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする