キッチンリフォームのレイアウトを組み合わせる

この記事の所要時間: 229

キッチンリフォームのレイアウト

キッチンリフォームのレイアウトはいくつかのテンプレートがありますが、それらを組み合わせてオリジナルのレイアウトを作ることもできます。
条件はありますが、レイアウトの組み合わせが選択肢に入るようであれば通常よりも機能性の高いキッチンが作り上げられます。

色々組み合わせられるキッチンレイアウト

キッチンリフォームのレイアウトは基本的に、シンク、コンロ、調理スペース、作業スペース、収納スペースをキッチン、またはキッチンを兼ねる部屋のどこに配置するかで決まります。

基本形とも言えるIタイプは、壁を背にしてシンクやコンロを配置するものですが、これを2列にすればIIタイプになります。
つまり、配置や形状を変えてしまえば自分の思い通りのキッチンができるのです。

例えば、Lタイプのキッチンをアイランドタイプにして壁に付けずに配置する、シンクやコンロをそれぞれ2カ所に配置してみると言ったことができます。

カスタマイズは自由にできるのでお好みのキッチンがあるのなら検討するのも良いのですが、条件が厳しいという難点もあります。

究極のキッチンを作りたい人には魅力的、だけど条件が厳しめ

キッチンレイアウト組み合わせは、自分だけのオリジナルキッチンを作る上でとても魅力的です。
しかし、レイアウトの組み合わせはリフォーム作業が増えたり、システムキッチンの改造やオーダーメイドが必要になります。
そのため、通常のキッチンリフォームより高額な費用がかかるという欠点があります。

基本となるレイアウトにもよりますが、400万円を超える予算が必要なこともあるので、予算と相談しながらリフォームを進めていかないと、経済的な負担でせっかくのリフォームが台無しになることがあります。

また、レイアウトの組み合わせによってはキッチンとして使う部屋の広さも必要になります。
広さはキッチン全体のリフォームで確保できますが、これにも費用がかかるのでレイアウトのカスタマイズに加えて予算が必要です。
キッチンの広さを変える場合は数百万円の費用がかかるので、レイアウトに必要な費用と合わせると相当額の予算が必要です。
キッチンを自由に作り替えられるとはいえ、費用はその分必要になってくるので無理に推し進めると経済的に困窮することも考えられます。

それでも自分だけのキッチンを作りたい!

どうしても自分だけのカスタマイズをしたい場合は、予算内でできる範囲をリフォームを依頼する業者とよく相談することです。
小さなカスタマイズでもキッチンには個性が出て、使い勝手も大幅に良くなるので大規模なカスタマイズにこだわらなくても、求めるキッチンを作ることはできます。

また、小さな工夫でもキッチンには大きな影響をもたらします。
小規模なDIYでもオリジナルのキッチンに仕上げることはできるので、決して無理のない可能な範囲で検討してみてください。

あなたの見積もりは大丈夫?【100万以上安くなる事もあります】

リフォームにて実際に見積もりを取って見る人は多いと思います。
しかし、本当にその価格が適正かどうか分かる人は少ないのではないでしょうか。

実際に相場以上に請求された方も多くいます。
複数の業者と比較をすることで、100万円以上安くなる事例もありました。

国民生活センターでは、1日平均で15件以上の相談もあるほどです。

【リノコで適正価格診断】

  • 約10秒で概算の適正価格を知る事が出来る
  • 完全無料
  • 設立年数、口コミ調査、施工実績のある業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘がない

適正価格を診断できるというメリットだけではなく、相談員が在籍しており無料相談が可能です。
業者紹介の際には、不安・不明点をヒアリングして紹介するので、しつこい営業などもありません。

リノコの画像

既に見積もりをした方も、適正価格を知るためにも一括見積もりする事をオススメします。

⇒「>>簡単10秒!リフォームの適正診断を試してみる。
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする