子供部屋のリフォームについて

この記事の所要時間: 230

子供部屋のリフォーム

子供部屋は住宅内の部屋の中でも特殊と言える場所で、子供の成長にあわせて作り変える必要も出てくるために住宅の中でもリフォームの頻度が高い場所です。
リフォームの中ではなかなか難しい部類で、子供の状況によっては十分な費用が必要になることもあります。

子供部屋のリフォームで出来ること

子供部屋のリフォームで出来る事は、天井、床の張替え、壁紙の張替え、窓のリフォーム、部屋の間取り変更です。
基本的には全てを変更することができますが、子供部屋の場所によっては住宅の構造上の問題で制約がかかることがあります。

壁紙の張替え

子供部屋のリフォームとしてはよく行われるもので、子供の年齢にあわせて壁紙を選択することが多くなっています。
幼年期は落書きをしても落としやすいようにビニール製の壁紙を選択したり、子供の手が届く下部分だけビニール製の壁紙にするといった方法があります。

その後は子供の趣味に合わせた壁紙に変更していきますが、子供にアレルギーやハウスシック症候群がある場合は珪藻土や漆喰、ハウスシック対応の壁材に変更することもあります。

床の張替え

子供部屋が和室だった場合は洋室へのリフォームが多く行われています。
また、洋室で床がフローリングだった場合でも子供の活動により傷みやすい環境なので、フローリングの張替えを行うケースも多くあります。

基本的には子供部屋が和室であれば畳の張替えか洋室へのリフォームによるフローリングへの張替え、またはフローリングの交換が主体で、フローリングと畳以外の床材が使われるのはほとんどありません。

窓のリフォーム

窓は子供が小さいうちは転落の危険があるので、格子をつけたり開閉方法を変えて窓に体が入り込まないようにしたり、防犯に特化した窓に変更するといったリフォームができます。
省エネリフォームによる減税(特定改修工事特別控除制度)を受ける場合は、すべての窓を断熱化する必要があるので子供部屋の窓もリフォームすることになります。

間取りの変更

子供が2人以上いて、1つの子供部屋を使っている場合は成長に応じて部屋を分割する場合があります。
特に兄弟姉妹の場合は小学校高学年当たりから同年代の異性と同じ部屋にいることを嫌がる事が多く、思春期ともなればその傾向はより強くなります。
そのまま放置すると精神面で子供に負担をかけることがあるので、部屋を分割してそれぞれの個室を作ることで解決を図るものです。
リフォームとしては大規模なもので、壁で部屋を仕切り入り口も各部屋に作る必要があります。
床材や壁材の総入れ替えになることもあるので、費用面ではかなりの負担になりやすいのが欠点です。

子供部屋のリフォームは、時に大人の思惑で子供にとって不本意なリフォームになることがあります。
子供部屋をリフォームするときは、大人の目線だけではなく子供の意見を取り入れるようにしてください。

あなたの見積もりは大丈夫?【100万以上安くなる事もあります】

リフォームにて実際に見積もりを取って見る人は多いと思います。
しかし、本当にその価格が適正かどうか分かる人は少ないのではないでしょうか。

実際に相場以上に請求された方も多くいます。
複数の業者と比較をすることで、100万円以上安くなる事例もありました。

国民生活センターでは、1日平均で15件以上の相談もあるほどです。

【リノコで適正価格診断】

  • 約10秒で概算の適正価格を知る事が出来る
  • 完全無料
  • 設立年数、口コミ調査、施工実績のある業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘がない

適正価格を診断できるというメリットだけではなく、相談員が在籍しており無料相談が可能です。
業者紹介の際には、不安・不明点をヒアリングして紹介するので、しつこい営業などもありません。

リノコの画像

既に見積もりをした方も、適正価格を知るためにも一括見積もりする事をオススメします。

⇒「>>簡単10秒!リフォームの適正診断を試してみる。
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする