キッチンリフォームのポイントとは?

この記事の所要時間: 224

キッチンリフォームのポイント

キッチンのリフォームは色々と希望はあるけど、どうすればいいのか悩んでいる…
リフォームの決断はなかなか難しいもので、悩む事は当たり前です。

キッチンリフォームは選択肢が多いので、思い描いた姿があったとしても、いざリフォームをしようとするとあれも良い、これも良いと色々なリフォーム後の姿が浮かんでしまい、決断が難しい事もあります。

思い悩むのもリフォームの楽しみではありますし、悩んで決めかねていたとしても時間をかけて業者と打ち合わせをするのがリフォームの鉄則です。
しかし、あまり悩み過ぎるとリフォームが遅れてしまうので、選択肢が増えてどれを選んでいいのかわからなくなった時は、以下の3つのポイントが満たされているかどうかを考えてみてください。

予算を超えたときどうするかを決めておく

リフォームはある程度予算を決めて行うものですが、基本的には予算をオーバーしてしまうことが多いものです。
キッチンリフォームも同様で、特に選択肢の多いキッチンは予算内で収まるように調整しても、最終的に経費などで予算オーバーになることが多くあります。
予算を超えた時にどうするかは金銭的な負担に直結する大事な決断です。
大幅に予算を超えた場合は、リフォームを実行しても経済的な負荷に耐えられなくなることもあります。
予算を超えてしまった時どうするかは、リフォームを行う前に必ず決めておきましょう。

シンク、コンロの大きさはバランスがとれているか

シンクやコンロにもサイズがありますが、大きいシンクやコンロは使い勝手が良くなる分他のスペースを削ってしまいます。
大きなシンクは洗い物には便利ですし、大きなコンロは同時に調理できる数が増えるのですが、調理に使うスペースや調理器具を置く場所が狭くなってしまいます。
シンクとコンロ、その他のスペースのバランスを考えて選択しないと、せっかくリフォームをしても使い勝手の悪いキッチンになってしまいます。
また、キッチン自体の広さにそぐわないサイズのシンクやコンロを設置しても使い勝手が悪くなるので、バランスのとれたサイズ選択を心がけてください。

収納や調理器具、冷蔵庫などを設置する場所を確保できるか

料理を作るには、オーブンや電子レンジといった家電も必要になることがあります。
作った料理を盛るためには、皿が必要なので皿を収納しておく場所も必要です。
生ごみを捨てるためには大きなゴミ箱も必要ですし、食材を貯蔵する冷蔵庫や調味料の保管場所など、キッチンは色々な物を置くスペースが必要になります。
これらを考えずにリフォームを行うと、動きにくく使いにくいキッチンになってしまう事があります。
収納場所は後から作ると動きにくいキッチンになりやすいので、リフォーム計画を作る時から収納などの設置を考えておきましょう。

あなたの見積もりは大丈夫?【100万以上安くなる事もあります】

リフォームにて実際に見積もりを取って見る人は多いと思います。
しかし、本当にその価格が適正かどうか分かる人は少ないのではないでしょうか。

実際に相場以上に請求された方も多くいます。
複数の業者と比較をすることで、100万円以上安くなる事例もありました。

国民生活センターでは、1日平均で15件以上の相談もあるほどです。

【リノコで適正価格診断】

  • 約10秒で概算の適正価格を知る事が出来る
  • 完全無料
  • 設立年数、口コミ調査、施工実績のある業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘がない

適正価格を診断できるというメリットだけではなく、相談員が在籍しており無料相談が可能です。
業者紹介の際には、不安・不明点をヒアリングして紹介するので、しつこい営業などもありません。

リノコの画像

既に見積もりをした方も、適正価格を知るためにも一括見積もりする事をオススメします。

⇒「>>簡単10秒!リフォームの適正診断を試してみる。
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする