キッチンリフォームはレイアウトが大事

この記事の所要時間: 256

キッチンリフォームのレイアウト

キッチンのリフォームは、ほかの場所のリフォームと比べて選択肢するものが多くあります。
選択肢の中でも特に大事になるものがレイアウトで、キッチンの機能性を大きく左右するものです。

キッチンリフォームはレイアウト色々

キッチのレイアウトは、主にシンクとコンロをどう配置するかである程度のテンプレートがあります。

どんなキッチンでも安定した使い心地 オーソドックスなIタイプ

キッチンレイアウトの中でも基本形とも言えるのがIタイプで、シンクとコンロを文字通り一直線に並べるタイプです。
狭いキッチンルームでもシンクとコンロを設置出来るので、日本の家屋では昔からよく見られるレイアウトでもあります。
アパートやマンションなどの賃貸住宅にもよく採用されているので、だれもが一度は目にした事があるはずです。
汎用性が高く、レイアウト選びに困った時はとりあえず選択しておけば、ほぼ困ることがありませんが、広めのキッチンルームには向かない場合もあります。

Iタイプの派生系 ペニンシュラタイプ

Iタイプのレイアウトは基本的に壁を背に向けてシンクとコンロを配置しますが、ペニンシュラタイプは背面ではなく、シンク、あるいはコンロの側面が壁に面しているタイプです。
イメージとしては喫茶店などのカウンターのようなもので、対面型になるので空間が広く感じられます。
オープンタイプやセミオープンタイプのキッチンに取り入れられる事が多いレイアウトです。

ペニンシュラタイプを拡張したアイランドタイプ

アイランドタイプは文字通りコンロやシンクが壁に面していない島のような状態のレイアウトです。
とても広々とした、圧迫感のないキッチンを作れますが、どのレイアウトよりも広いスペースを必要とします。
一般的な住宅ではまず見かけないレイアウトです。

調理効率特化のIIタイプ

コンロとキッチンを対面させたレイアウトで、振り向けばコンロかシンクがあるタイプです。
広い作業スペースが確保しやすく、調理効率を求める時によく選択されます。
レストランなどの厨房などに見られるタイプで、キッチンルームにある程度の広さが必要です。

移動せずとも調理がしやすいUタイプ

シンク、コンロの他に作業台を加えてU字型に配置したタイプです。
Cタイプとも言われています。
調理中に移動する手間が省け、作業効率がIIタイプよりも高いのですがキッチンルームにも相応の広さが要求されます。
イメージとしては喫茶店の調理場のような感じで、カウンターを作業台に置き換えると分かりやすいです。
人気度は高くありませんが、料理が趣味という人には魅力的なレイアウトです。

狭いキッチンでも機能性アップ Lタイプ

シンクとコンロをL字に配置したタイプで、壁際のスペースをうまく利用することでシンクとコンロの距離を短くするタイプです。
狭いキッチンでも対応出来るので、ワンルームマンションなどで見られる事があります。
使い辛い壁際のコーナー部分をうまく利用しているので、収納面でも優れているタイプです。

シンクとコンロは基本的に好きなように配置出来ますが、基本的には上記のタイプの中から選ぶ事になります。
キッチンの広さに応じて適切に選べば、キッチンの使い勝手は大幅にアップ出来ますが、合わないレイアウトを無理やり詰め込むと使い勝手が悪くなるので、無理をせず最適なレイアウトを選択してください。

あなたの見積もりは大丈夫?【100万以上安くなる事もあります】

リフォームにて実際に見積もりを取って見る人は多いと思います。
しかし、本当にその価格が適正かどうか分かる人は少ないのではないでしょうか。

実際に相場以上に請求された方も多くいます。
複数の業者と比較をすることで、100万円以上安くなる事例もありました。

国民生活センターでは、1日平均で15件以上の相談もあるほどです。

【リノコで適正価格診断】

  • 約10秒で概算の適正価格を知る事が出来る
  • 完全無料
  • 設立年数、口コミ調査、施工実績のある業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘がない

適正価格を診断できるというメリットだけではなく、相談員が在籍しており無料相談が可能です。
業者紹介の際には、不安・不明点をヒアリングして紹介するので、しつこい営業などもありません。

リノコの画像

既に見積もりをした方も、適正価格を知るためにも一括見積もりする事をオススメします。

⇒「>>簡単10秒!リフォームの適正診断を試してみる。
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする