キッチンリフォームの選び方

この記事の所要時間: 241

画像の説明

リフォームの定番とも言えるキッチンには、希望する使い方に応じたリフォーム後のタイプがあります。
それぞれ使い勝手が変わるので、リフォーム後のキッチンに何を求めるのかによって選択することになります。

当ページでは、キッチンリフォームの選び方について記載していきます。

キッチンのタイプは主に3つあり、オープン、セミオープン、クローズの3種です。
それぞれ特徴があり、キッチンを使う人の生活に合わせて選択すれば快適に使用できます。

見えることが利点のオープンタイプ

最近の住宅でよく見られるタイプで、キッチンが部屋の一部となっているものです。
古い家の場合はキッチンは1部屋まるごと使われていることが多いのですが、オープンスタイルのキッチンは部屋の一角にシンクなどを設置しています。
イメージとしては料理番組で見られるようなもので、広々とした雰囲気が特徴です。
部屋の一部をキッチン化するので、キッチンから部屋を見渡せるために料理を作りながら家族と会話できます。
仕切りのようなものは一切なく、広々とした空間で料理ができるため調理中の移動なども楽に行えます。
キッチン周りの機材が工夫次第で多く設置でき、水が出る場所を別々の場所に一か所ずつ置といったこともできます。
利便性の高いキッチンを求める人に向いているタイプです。

人気のセミオープンタイプ

セミオープンタイプは、仕切りはありますが壁で完全に隔離せずに背の低い仕切りで全体が見えるようにしているタイプです。
オープンタイプとクローズタイプの中間のようなもので、オープンタイプ、クローズタイプ両者の特徴を持っています。
形式的にはオープンタイプに近く、キッチンの空間とリビングやダイニングの空間を背の低い壁や仕切りで区切っています。
カウンターやシステムキッチンなどで仕切りをすることも多く、大きな窓のあるクローズタイプキッチンのような形状になっていることもあります。
セミオープンタイプのキッチンは最近の住宅によく見られるもので、一家建てだけではなくマンションにもよく採用されているタイプです。

キッチンを個室化するクローズタイプ

日本ではごく普通のキッチンと言えるもので、一部屋をまるごと、あるいは部屋の一部を区切って「台所」として使う典型的なタイプです。
調理をする場所を独立させているのでキッチンが外からみえないという特徴があります。
来客時など人がきているときにキッチンを見られることがないので、来客が多い家庭に向いています。
料理中に出る煙や臭いも換気扇から出て行きやすく、油もキッチンから他の部屋に出て行きにくいので生活臭のコントロールもしやすく、1部屋に独立させることで管理もかんたんです。
食器棚などを設置できるスペースやテーブルを置けるスペースを確保できれば食事をする場所にもできます。

基本的にはこの3つのタイプが主流ですが、キッチンのリフォームはカスタマイズしやすいのでそれぞれの良い所を組み合わせることもできます。
選択の幅が広いリフォームなので、業者とよく話し合ってどいういう形にするかを決めていくのもよい方法です。

あなたの見積もりは大丈夫?【100万以上安くなる事もあります】

リフォームにて実際に見積もりを取って見る人は多いと思います。
しかし、本当にその価格が適正かどうか分かる人は少ないのではないでしょうか。

実際に相場以上に請求された方も多くいます。
複数の業者と比較をすることで、100万円以上安くなる事例もありました。

国民生活センターでは、1日平均で15件以上の相談もあるほどです。

【リノコで適正価格診断】

  • 約10秒で概算の適正価格を知る事が出来る
  • 完全無料
  • 設立年数、口コミ調査、施工実績のある業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘がない

適正価格を診断できるというメリットだけではなく、相談員が在籍しており無料相談が可能です。
業者紹介の際には、不安・不明点をヒアリングして紹介するので、しつこい営業などもありません。

リノコの画像

既に見積もりをした方も、適正価格を知るためにも一括見積もりする事をオススメします。

⇒「>>簡単10秒!リフォームの適正診断を試してみる。
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする