キッチンリフォームのアイランド型について

この記事の所要時間: 257

キッチンリフォームのアイランド

キッチンレイアウトとして最高級ともいえるのがアイランドタイプのレイアウトです。
キッチンレイアウトとしては最も広さが必要ですが、カスタマイズ性が高くシンプルなので望みのキッチンが作りあげられます。

見た目重視、だけど機能性も十分確保できるアイランドタイプ

アイランドタイプのキッチンレイアウトは、キッチンとして使う部屋に島のようにシンクやコンロを配置するもので、広々としたキッチンを作り上げられます。

シンク、コンロ、調理スペースがどこの壁にも面していないので、動線の広さに優れているため調理に必要な移動が自由に行えます
キッチン全体も広く感じられ、清潔感を全面に出せるのもアイランドタイプの特徴です。
壁についていないので収納スペースも自由に設置でき、冷蔵庫など調理に必要な設備を壁際に配置したり、壁際に戸棚を設置して収納を確保するなど、自由にカスタマイズできます。

使う人の好みの応じて色々な形にでき、カウンターを取り付ければ即席のバーのような形にもなります。
場面に応じて形を変えられるので、その時に必要なキッチンにして使い分けることもできます。

配置場所によってもイメージが変わる

アイランドタイプのレイアウトは、その配置によってイメージを大きく変えられます。
大きな窓を背にしたり、背面に当たる部分にグラスを並べてバーカウンターを演出したりと、使う人の好みに合わせて演出ができます。
費用はかさみますが、オーダーメイドを選択すれば一部を可動式にするといったこともできます。
壁際に配置しないことで、使う人の思いのままにカスタマイズができるのもアイランドタイプの良い所です。

自由度も見た目も最高、使い勝手は工夫が必要なことも

自由度の高いアイランドタイプですが、収納などは工夫が必要なことがあります。
アイランドタイプのキッチンは壁に付けないので、周りはすべて動線になります。
広い動線は調理にも移動にも有利で使い勝手が良いのですが、収納場所には使えません。
アイランドタイプのキッチンの場合は、収納場所を他の場所に確保する必要があるので、キッチン全体の利便性を考えて空間作りをしないと使いにくいキッチンになりやすいものです。
冷蔵庫の場所や調理器具の配置場所も考えておかないと、アイランドタイプの魅力を活かせなくなります。

ただし、工夫や空間づくりをしっかりとしておけば、見栄えも機能性もカスタマイズ性も優れたキッチンに仕上がります。

広さが命

アイランドタイプはキッチンにかなりの広さを要求します。
十分な広さがないと、使い勝手が悪く見た目もよくないキッチンになってしまうので、広さが確保できない場合は諦めたほうが良い結果になります。
広さが十分に確保できる場合は、応用してII型にしたりU型にしたりすることもできます。

レイアウトの中では高額

アイランドタイプはキッチンリフォームの中でも一番費用がかかります。
元のキッチンの形状や、アイランドタイプにリフォームするまでどんな工程が必要かにもよりますが、150万円以上かかる事 も珍しくありません。
費用面でも十分な余力が必要なので、経済的な面も考慮する必要があります。

アイランドタイプは料理番組などでも見られる、きれいで使い勝手も良いある意味究極のキッチンです。
高い費用と相応のキッチンの広さが必要ですが、実現できるのなら自由度の高いキッチンを作り出せることでしょう。

【家にいながら複数社のリフォーム提案がもらえる】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、「タウンライフリフォーム」です。

【タウンライフリフォームをオススメする理由】
  • 運営会社の社内基準・国家基準を通ったリフォーム会社が300件以上登録
  • 3分の入力で複数の会社に一括見積り・提案を依頼出来る
  • 100万円単位で安くなる事もある
  • 見積もりだけでなく、リフォーム計画書ももらえる
  • 工事の要望や相談、アフターサービスも万全

3分の入力で、「アイデア&アドバイス」「リフォーム費用・見積もり」「リフォームプランニング」の3つの提案をもらえます。
もちろん、相談から見積り、アフターフォローまで全てが完全無料。

タウンライフリフォームの画像

利用者のアンケートにて顧客満足度が非常に高いサイトです。

リフォームを検討している方は、業者に相談するよりも中立な立場にある「タウンライフリフォーム」に見積もり、提案依頼する事をオススメします。

⇒「無料一括見積もり、提案はコチラから依頼できます
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする