リフォームの契約について

この記事の所要時間: 235

リフォームの契約

リフォームをするという事は、一体どういうことか。
この事を考えずにリフォームに踏み切るのは危険を伴う事もあります。

リフォームを計画しているのなら、実行する前に一度「リフォームをすること」が何を意味するのかを考えたほうが良いかもしれません。

リフォームとは何だろう

リフォームとは、既存の建物の外や中を作り替えて使いやすく住みやすいものにする工事です。
リフォームを考える人でなくとも、これは知っていることでしょう。

しかし、リフォームをするという事は他の意味も持っています。

リフォームの契約

リフォームは部屋を作り替えることを意味しますが、それを行うにはリフォームの専門業者を利用することがほとんどです。
リフォーム業者にリフォームを任せる場合、それは契約によって行われます。
リフォームはDIYという選択肢もありますが、DIYでは出来る範囲が限られてしまう事、失敗した時のリスクが大きすぎる事から、よほどの技術がない限りはリフォーム業者を利用することになります。

つまり、リフォームは業者との契約がほぼ必須ということなのです。

契約は一度結んでしまうと、内容の変更はリフォーム業者と施工主が同意しない限りできません。
また、リフォームの契約内容は細かい部分でリフォーム業者が定めるものを守るという形になっています。

そのため、契約の内容や約束事を確認せずに署名と捺印をしてしまうと後々トラブルになることがあります。

契約を確認するには契約書をよく見る

契約は「契約書」という約束事を書かれた紙を使って行われます。
契約書には、リフォームを行う時に必要な約束事が書かれていますが、契約書に署名と捺印をした時点で契約書に書かれている約束事を守る「義務」が発生します。

契約書で決められた約束事のことを約款(やっかん、契約で決めた個々の条件)といい、契約はこの約款に基づいて実行されます。
リフォームの工事もこの約款に基づいて行われるものです。

リフォームは、リフォーム業者と契約を結んだ時点でこの約款を守る義務が発生し、簡単には逃れることができなくなります。
約束を守らない=義務を果たせない場合にどうなるかは約款の中で定められていますが、法的にも経済的にも負担となる内容がほとんどです。

もし、契約の中に利用する側が不利になる内容が含まれていたらどうなるか。
極端に不利な内容は無効になりますが、そうでなければその内容に同意したことになり、知らなかったでは済まされません。

リフォームをする場合は、それが契約であることをよく理解しておく必要があります。
契約書の内容はリフォーム業者に説明を求めても良いのですが、できるだけ自分で調べて意味を理解しておいたほうが安全です。

ただ、契約書の約款は文章が長く意味がわからないことも多いので、全て調べるのは時間がかかります。
時間が取れない場合は、リフォームの内容と支払いについての内容だけでも自分で調べておくと良いでしょう。

あなたの見積もりは大丈夫?【100万以上安くなる事もあります】

リフォームにて実際に見積もりを取って見る人は多いと思います。
しかし、本当にその価格が適正かどうか分かる人は少ないのではないでしょうか。

実際に相場以上に請求された方も多くいます。
複数の業者と比較をすることで、100万円以上安くなる事例もありました。

国民生活センターでは、1日平均で15件以上の相談もあるほどです。

【リノコで適正価格診断】

  • 約10秒で概算の適正価格を知る事が出来る
  • 完全無料
  • 設立年数、口コミ調査、施工実績のある業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘がない

適正価格を診断できるというメリットだけではなく、相談員が在籍しており無料相談が可能です。
業者紹介の際には、不安・不明点をヒアリングして紹介するので、しつこい営業などもありません。

リノコの画像

既に見積もりをした方も、適正価格を知るためにも一括見積もりする事をオススメします。

⇒「>>簡単10秒!リフォームの適正診断を試してみる。
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする