リフォームは計画作りが命

この記事の所要時間: 30

リフォームの計画提案

リフォームの計画作りの重要性について記載していきます。

リフォームにはいくつかの種類があり、選択したリフォームの種類によって改修作業も結果も、ある程度固定されています。

省エネリフォームを選べば、太陽光パネルによる発電や断熱改修による住み心地のいい住宅になり、バリアフリーリフォームをすれば高齢者や障がいを持つ人にとって暮らしやすく安全な住宅になります。
耐震リフォームは、地震の多い日本に暮らす上で災害が起きた時の安全性を確保できるようになり、外観のリフォームは家の見た目を美しくして雰囲気を新たにしてくれます。

リフォームで行う改修によって、その結果はほぼ決まっているので、どんなリフォームしたいのかを選べばそれに応じた結果を得られます。
しかし、リフォームに求めるものはその家に住む人によって違うために、リフォーム後の結果がほぼ決まっていているとしても、微調整をしてそこに住む人々に合わせる必要があります。
そのためには、リフォームの計画を立てる必要があるのですが、もし無計画のままリフォームを行ったり中途半端な計画を実行すると、後悔をすることもあります。

リフォームにかかるお金は100万円単位で必要になることも多いので、後悔をすると大きなお金をドブにすてるのと同じになってしまいます。

リフォームはそれを行う人によって、必要な施工が変わってきます。
家族の希望やリフォームを行う住宅の都合、そして予算にも左右されるので、無計画のまま行ったり、不十分な計画づくりのままリフォームを始めてしまうと、不要なリフォームや無理なリフォームを行ってしまい、リフォーム前よりも不便な生活になることもあります。

計画を立てるには、どこをどういう形にリフォームするかを決めていくこと、リフォームを依頼した業者と時間を掛けて打ち合わせを行うことが必要です。

リフォーム計画は時間を掛けて作る

リフォーム計画にはかなりの時間が掛かります。
1カ月、2カ月かかることも普通にありますが、どんなに時間が掛かっても自分が納得できるまで続けないと後で「こんなはずではなかった…」という結果になりやすく、取り返しのつかない事態になります。

リフォームの希望や計画は、そのリフォームを希望する人が業者にそれを伝えることで、プロであるリフォーム業者が形にしていきます。
しかし、リフォーム業者がいかにプロとは言え希望をすぐに形にできるわけではありません。
話し合いを繰り返し、その都度すりあわせて、ようやくリフォームを望む人が本当に希望する形に仕上げていくものなので、納得ができるまで時間を掛けてリフォーム業者と計画を組み上げてください。

リフォームでは少しでも計画の妥協をしたり、時間のかかる打ち合わせの手を抜いてしまうとその結果は大きなものとなることもあります。
確実に希望通りのリフォームを実現するためには時間が必要です。
急いでも良い結果になりにくいので、時間を掛けて業者との打ち合わせを行い、納得ができるまで繰り返してください。

リフォーム計画と業者選びは直結する!?

リフォームの計画を立てる時に、業者選びは非常に重要となります。
提案の方法などは業者によって大きく異なります。
迅速に、丁寧に計画を立ててくれる業者でなければなりません。
また、素人でも分かりやすいように、提案書などを作成してくれるのも大前提となります。
色々な業者の話しを聞いて、担当者が直感で大丈夫と思えるような会社にお願いしたい所ですね。

あなたの見積もりは大丈夫?【100万以上安くなる事もあります】

リフォームにて実際に見積もりを取って見る人は多いと思います。
しかし、本当にその価格が適正かどうか分かる人は少ないのではないでしょうか。

実際に相場以上に請求された方も多くいます。
複数の業者と比較をすることで、100万円以上安くなる事例もありました。

国民生活センターでは、1日平均で15件以上の相談もあるほどです。

【リノコで適正価格診断】

  • 約10秒で概算の適正価格を知る事が出来る
  • 完全無料
  • 設立年数、口コミ調査、施工実績のある業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘がない

適正価格を診断できるというメリットだけではなく、相談員が在籍しており無料相談が可能です。
業者紹介の際には、不安・不明点をヒアリングして紹介するので、しつこい営業などもありません。

リノコの画像

既に見積もりをした方も、適正価格を知るためにも一括見積もりする事をオススメします。

⇒「>>簡単10秒!リフォームの適正診断を試してみる。
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする