リフォームで家庭用エレベーターを設置する

この記事の所要時間: 229

リフォームでの家庭用エレベーター

エレベーターといえば商業施設やマンションで見る特に珍しくもない移動手段ですが、家庭用に作られたエレベーターも存在します。
家庭用のマンションや商業施設のものとは違いコンパクトで、閉まっている扉を覗きこんだ時の独特の恐怖感もなく、開放的な作りになっています。

意外と便利で暮らしも変わる家庭用エレベーター

家庭用エレベーターは低階層を行き来するためのもので、マンションなどに見られる高い場所と低い場所を行き来するものではありません。
そのため設備自体も一般的な住宅に十分収まるように出来ていて、畳一畳ほどのスペースがあれば設置できます。
動力は電気モーターなので音も静かです。
月々の電気代も500円程度と、ランニングコストも高くはありません。
家庭用エレベーターの設置は高齢者や介護を必要とする人、障がいのある人には家の上下移動がかなり楽なものになります。

まだまだ導入例が少ない家庭用エレベーター

日本ではまだ家庭用エレベーターの導入例は多くありません。
価格が高いことが一番のネックになっていますが、それでも昔に比べれば安くなっています。
現在では安いモデルであれば十分一般的なリフォームの予算でまかなえるくらいの製品もあるので、決して届かないものではなくなってきました。

家庭用エレベーターの設置は家全体のリフォームを必要とすることが多いので、全体的なリフォーム費用はかかるのですが、その分効果は高くなっています。

移動手段が変われば家の広さが変わる

家庭用エレベーターの利点は上下の移動が楽になることですが、設置場所によっては家全体の広さや防犯面の向上に役立ちます。
例えば、家の玄関先をエレベーターにして居住スペースを2階にすると、1階部分にガレージが作れます。
狭い敷地ではなかなか難しいガレージの設置も、家庭用エレベーターを上手く使えば実現します。
また、入り口がエレベーターになると就寝時に2階にエレベーターを固定すれば第三者の侵入は難しくなります。

家庭用エレベーターは階段という家の中でかなりのスペースが必要な部分を無くしてくれるので、家の内部デザインにも自由度が生まれ、広さも確保しやすくなります。

活用次第で色々な家の可能性が生まれるのが家庭用エレベーターです。

導入コストは300万円前後から

一昔前までは一千万円近くかかることもあったのですが、近年は価格も安くなり300万円ほどの予算があれば設置できるようになりました。
設置場所次第では家全体のリフォームが必要になりますが、畳1畳のスペースがあれば設置できるので設置場所次第ではエレベーターの設置リフォームだけで済ませることもできます。

リフォーム業者に相談すれば、最適な設置位置の提案もしてくれるので、階段の昇り降りがきつい、介護が必要な家族がいる場合などの負担軽減策として導入を検討してみてはいかがでしょうか。

【家にいながら複数社のリフォーム提案がもらえる】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、「タウンライフリフォーム」です。

【タウンライフリフォームをオススメする理由】
  • 運営会社の社内基準・国家基準を通ったリフォーム会社が300件以上登録
  • 3分の入力で複数の会社に一括見積り・提案を依頼出来る
  • 100万円単位で安くなる事もある
  • 見積もりだけでなく、リフォーム計画書ももらえる
  • 工事の要望や相談、アフターサービスも万全

3分の入力で、「アイデア&アドバイス」「リフォーム費用・見積もり」「リフォームプランニング」の3つの提案をもらえます。
もちろん、相談から見積り、アフターフォローまで全てが完全無料。

タウンライフリフォームの画像

利用者のアンケートにて顧客満足度が非常に高いサイトです。

リフォームを検討している方は、業者に相談するよりも中立な立場にある「タウンライフリフォーム」に見積もり、提案依頼する事をオススメします。

⇒「無料一括見積もり、提案はコチラから依頼できます
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする