リフォームで必要になる最低限の知識を知る

この記事の所要時間: 340

必須条件2

リフォームにおいて必要最低限の知識を知っておくというのは非常に重要な事です。

1.リフォームの費用相場
2.リフォーム会社の選び方

1.リフォームの費用相場

リフォームでは、会社に必ず見積もりをしてもらい、詳細の費用を出してもらう事になります。
ただし、見積書に記載されている内容が素人では分かりにくいため、トラブルになるケースが増えているようです。
しっかりと相場を知る事で、トラブルになるリスクも極力避ける事が出来ます。
下記の料金に関しては、あくまでも相場になります。

・キッチン(100〜150万円)
・浴室(50〜100万円)
・トイレ(〜50万円)
・洗面(~50万円)
・リビング(100~150万円)
・ダイニング(~50万円)
・寝室(50~100万円)
・玄関(~50万円)
・外壁(100~150万円)
・屋根(50~100万円)
・エクステリア(50~100万円)
・駐車場(50~100万円)
・全面(200〜300万円)
・二世帯(200~300万円)

工事内容や会社(リフォーム専門店、工務店、ハウスメーカーなど)によっても大きく変わってきます。
色々な会社に見積もり依頼をして比較する事で、適正な価格も見えてきます。

2.正しいリフォーム会社の選び方

リフォーム会社と言っても、不動産業者が行っている、専門店、工務店、ハウスメーカーなど、様々な会社が存在します。
全国に数多くのリフォームを行う会社がありますので、どの業者に依頼して良いのか分からないという人は多くいます。
その中から自分に合った会社を1社だけ選択するわけですから、相当慎重になる必要があります。
間違った依頼をしてしまうと、数百万円単位で損をする可能性がありますので、十分に注意をしておきたい所です。

リフォーム会社

○リフォームに特化しているため提案力がある
×下請け業者に丸投げをしている所が多い

営業会社

○担当者が最初から最後まで同じでサポートしてくれる
×施工業者は別なので、中間マージンが発生して高くなる

工務店

○注文住宅なども請け負っており、他とは違う提案を期待出来る
×下請け、孫請け業者に依頼している場合が多い

専門会社

○自社施工のため、適正価格で技術が高い
×提案力が他と比べて低め

世の中には、様々な形態のリフォーム会社が存在します。
その中で、注意しておきたいのは訪問販売での即決です。
絶対に辞めておかなければなりません。

もしも即決をした場合は、クーリングオフ制度を利用しましょう。
リフォームを行う際には、一括見積もりを行って複数のリフォーム会社と比較する事をオススメします。
価格面でより安くする事はもちろん、サービスが高い所も依頼する事が出来ます。

当サイトでは、「タウンライフリフォーム」をオススメしています。
運営会社が参加するリフォーム会社を厳選している事、24時間365日で対応しているというのが魅力です。

あなたの見積もりは大丈夫?【100万以上安くなる事もあります】

リフォームにて実際に見積もりを取って見る人は多いと思います。
しかし、本当にその価格が適正かどうか分かる人は少ないのではないでしょうか。

実際に相場以上に請求された方も多くいます。
複数の業者と比較をすることで、100万円以上安くなる事例もありました。

国民生活センターでは、1日平均で15件以上の相談もあるほどです。

【リノコで適正価格診断】

  • 約10秒で概算の適正価格を知る事が出来る
  • 完全無料
  • 設立年数、口コミ調査、施工実績のある業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘がない

適正価格を診断できるというメリットだけではなく、相談員が在籍しており無料相談が可能です。
業者紹介の際には、不安・不明点をヒアリングして紹介するので、しつこい営業などもありません。

既に見積もりをした方も、適正価格を知るためにも一括見積もりする事をオススメします。

⇒「>>簡単10秒!リフォームの適正診断を試してみる。
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする