リフォームをすると減税されることがある

この記事の所要時間: 233

リフォームの減税について

リフォームの減税について記載していきます。

リフォームをする場合、どんなタイプのリフォームでもある程度の予算を必要とします。
その額は手軽にリフォームをするには少々難しい金額です。

リフォームをする場合は可能であれば現金で予算を用意するのが理想なのですが、ローン前提でのリフォームも珍しくはありません。
ただし、ローンの場合は利息があるので全体の負担額は大きくなります。

リフォームをすると減税される

リフォームにかかる費用は消して安いとはいえないのですが、リフォームをすると税金の優遇措置が受けられることがあります。
平成21年から始まった制度で、規定された条件を満たしているリフォームは所得税控除、固定資産税の減税を受けられる制度があります。

税金の控除が受けられる条件は、主にバリアフリー化、省エネ、耐震のいずれかに当てはまるものが対象で、申請することで一定期間の控除が受けられます。
リフォームにかかった費用を現金で用意してもローンを組んでも適用されますが、中身が多少変わってきます。
リフォームに使用したローンが住宅ローンの場合は、住宅ローン減税が適用されます。

条件さえ満たしているリフォームであれば、税金の控除という形である程度国が負担を肩代わりしてくれるのです。

ただし、リフォームの減税措置は期限付きのもので、現在のところ所得税控除は平成29年12月末日までとなっています。
一度期限が延長されているので今後さらに延長される可能性もありますが、現在のところは平成年末までなので、減税措置が適用される期間内に条件を満たすリフォーム計画を立てて実行した方が、全体の負担が軽減されることになります。

まだ時間的には余裕があるとはいえ、早めに行ったほうが良いのは確かなことです。

減税措置でどのくらい負担が減るのか

所得税の場合はリフォームの内容によりますが、250万円までを上限としてリフォームに掛かった費用の10%までが控除されます。
控除が受けられる期間は1年間です。

ローンを組んだ場合は1000万円を上限として、その年の年末を基準としてローン残高の1%から2%が控除されます。
控除が受けられる期間は5年間です。

固定資産税の場合は土地の広さの100㎡から120㎡に相当する部分に対して、33%から50%の減額が受けられます。
減額が受けられる期間は1年間で、賃貸住宅として使っている建物には適用されません。

ただし、いずれもリフォーム後に一定期間居住していること、リフォームに掛かった費用が一定以上であることが前提なので、売却目的のリフォームなどには適用されません。

減税措置はあるものの、落とし穴も

条件を満たしたリフォームであれば税金の優遇措置が適用されますが、それぞれのリフォームによって設定されている条件が異なるので、「このリフォームをすれば必ず減税が受けられる」ということではないことに注意が必要です。

あなたの見積もりは大丈夫?【100万以上安くなる事もあります】

リフォームにて実際に見積もりを取って見る人は多いと思います。
しかし、本当にその価格が適正かどうか分かる人は少ないのではないでしょうか。

実際に相場以上に請求された方も多くいます。
複数の業者と比較をすることで、100万円以上安くなる事例もありました。

国民生活センターでは、1日平均で15件以上の相談もあるほどです。

【リノコで適正価格診断】

  • 約10秒で概算の適正価格を知る事が出来る
  • 完全無料
  • 設立年数、口コミ調査、施工実績のある業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘がない

適正価格を診断できるというメリットだけではなく、相談員が在籍しており無料相談が可能です。
業者紹介の際には、不安・不明点をヒアリングして紹介するので、しつこい営業などもありません。

リノコの画像

既に見積もりをした方も、適正価格を知るためにも一括見積もりする事をオススメします。

⇒「>>簡単10秒!リフォームの適正診断を試してみる。
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする