玄関リフォームのポイントとは?

この記事の所要時間: 246

玄関リフォームのポイント

玄関のリフォームを良きものにするためには、4つのポイントを計画の時に考慮しておく必要があります。

玄関のリフォームを左右する4つのポイント

玄関のリフォームで大事なのは、明るさの確保、玄関ドアの選択、収納の確保、全体に合わせた内装の選択の4つです。
これらが1つでも掛けてしまうと、玄関のリフォームが思ったような結果にならない事があります。

玄関ドアの選択

玄関ドアは、玄関という場所で一番目立つもので、玄関を玄関として機能させるために必ず必要になるものです。
引き戸の場合はあまりデザイン的な選択肢がないのですが、開き戸の場合は多種多様なデザインがあるために豊富な選択肢があります。
玄関ドアはデザインだけではなく、色や防犯機能、素材といった要素もありますが、玄関という場所をどういう風にデザインするかを決める中心でもあるため、玄関ドアの選択は玄関のリフォームに取ってとても重要なものです。

玄関ドアを選ぶ場合は、まず家の外観との合うかどうかを考えます。
家の外観の一部にもなる玄関ドアは、内側からの見た目だけで選んでしまうと家の外観の中で浮いてしまうので要注意です。

また、選んだ色やデザインによって玄関の内装や収納のデザインにも影響をするので、どんな内装や収納を作りたいかもよく考えて決めてください。

収納の確保

玄関の収納は、玄関を片付けて美しく見せるために必要なものです。
その機能を果たすには、現在の家族の人数プラスアルファ分の収納スペースが必要になります。
家族は暮らしの中で変化します。子供は成長し、大人は老いて行く中でそこで暮らす家族の人数も変化するものです。
そのことを考慮して収納スペースを作らないと、収納しようにもスペースが足りないということが起きてしまいます。
また、使いにくい収納では意味が全くないので、設置場所もよく考えて選ぶ必要があります。

明るさ

玄関の明るさは意外と大事で、家の入り口である玄関が暗いとその家全体の雰囲気も暗く感じてしまいます。
明るさを確保するには照明が簡単ですが、自然光を取り入れる方法もあります。
窓を大きくしたり位置を変更する、天井に窓を設置すると言った方法で効率よく自然光を取り入れられます。
自然光を取り入れることが難かしい場合は照明の場所を工夫します。
天井だけではなく足元や壁と言った場所に照明を置けば、全体的に明るい玄関に仕上がります。

内装

内装は玄関ドアのデザインや照明の効果によって見え方が全く違います。
基本的には玄関ドアにあわせて内装の色やデザインも決めていくのですが、他の部屋のと兼ね合いもあるので微調整が必要です。
どうしても暗めになりそうな場合は、照明を利用する前提の内装を計画すると明るく見せることができます。

以上が玄関リフォームで大事になる4つの要素です。
どれか1つでも欠けてしまうと玄関リフォームは思い通りの結果になりくく、バランスが悪いとこれも思った通りのリフォーム結果になりにくいものです。

これらの要素をいかにバランスよく計画時に取り入れるかが玄関リフォームを成功させる要素なので、リフォーム業者とよく打ち合わせをして、バランスの調整を行ってください。

あなたの見積もりは大丈夫?【100万以上安くなる事もあります】

リフォームにて実際に見積もりを取って見る人は多いと思います。
しかし、本当にその価格が適正かどうか分かる人は少ないのではないでしょうか。

実際に相場以上に請求された方も多くいます。
複数の業者と比較をすることで、100万円以上安くなる事例もありました。

国民生活センターでは、1日平均で15件以上の相談もあるほどです。

【リノコで適正価格診断】

  • 約10秒で概算の適正価格を知る事が出来る
  • 完全無料
  • 設立年数、口コミ調査、施工実績のある業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘がない

適正価格を診断できるというメリットだけではなく、相談員が在籍しており無料相談が可能です。
業者紹介の際には、不安・不明点をヒアリングして紹介するので、しつこい営業などもありません。

リノコの画像

既に見積もりをした方も、適正価格を知るためにも一括見積もりする事をオススメします。

⇒「>>簡単10秒!リフォームの適正診断を試してみる。
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする