玄関リフォームでドアを交換する

この記事の所要時間: 235

玄関リフォームでドアを交換する

玄関ドアは、その家の様式によって和風であったり洋風であったりするものです。
現在では和風、洋風どちらでも開き戸が多く使われていますが、リフォームによってその家に似合う玄関ドアへの変更が出来ます。

和風住宅によく似合う引き戸

和風住宅には昔から使われている引き戸がよく似合います。
引き戸は横にスライドさせて開閉するタイプの扉で、和風住宅の場合は木製の格子で出来たものが家の雰囲気とよく馴染んでくれます。
引き戸は玄関だけではなく外門にも設置でき、家の入り口を綺麗にまとめてくれるので和風住宅をより和の雰囲気にしてくれます。
引き戸は押し引きによる開閉ではないため、あまり力を入れずに開けられて前と奥の空間が多少狭くても良いという特徴があります。
また、左右に開くため玄関の入口を広く取れるので開放的な玄関が作りやすい扉です。
引き戸は狭い玄関口にも取り付けられるので、どんな玄関にも設置できる万能性を持っています。

ただし、左右に開くために玄関の左右にある程度のスペースがないと引き戸が開けません。
この場合は折りたたみ式にするという代替方法もありますが、よほどの理由がない限りは引き戸が設置できない場合開き戸を選択する事になります。

デザイン次第では洋風の家にも合わせる事が出来ますが、あまり派手なデザインは似合いません。
玄関をシンプルに決めたい、そんな時に選択すると良いでしょう。

洋風だけではなく和風住宅にも似合う開き戸

開き戸はデザインが豊富です。
多種多様なデザインから選択出来るため、和風の家にも洋風の家にもよく似合います。
昔ながらの純和風の住宅にはオススメ出来ませんが、一般的な住宅であればどんな玄関にも合わせる事が出来ます。

色を自由に選択できるのが特徴で、外壁の色に合わせて塗装をすれば、家全体の雰囲気を綺麗にまとめてくれます。
現在の玄関用開き戸は金属製が人気ですが、木製の物もあるので家の雰囲気に合わせて素材も選択出来ます。

広すぎる玄関にはあまり向きませんが、ドアの大きさを選べば、ある程度の広さまで対応が可能です。
セキュリティー面でも優れていて、二重鍵や電気錠ドアなども存在します。
引き戸とは違い前後に押して開閉するので、玄関の左右が狭くても設置出来るのも特徴です。

工法の進化により制限も少ない

玄関ドアを引き戸から開き戸へ、または開き戸から引き戸へリフォームする場合は解体が必要でしたが、最近ではカバー工法という方法により手間のかからないリフォームが出来ます。
カバー工法はこれまでのドアの構造の上から新たにドアの構造を作る方法で、玄関自体の構造を一切変える事がないため、通常の玄関リフォームよりも低価格で行えます。

リフォーム後のドアをどうするかは、家の様式と全体像によって決める必要がありますが、似合わないものを選択するとかなり見栄えが悪くなります。
どんなものが良いのかに少しでも迷いがある場合は、リフォーム業者に相談して一緒に考えてもらって下さい。

【家にいながら複数社のリフォーム提案がもらえる】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、「タウンライフリフォーム」です。

【タウンライフリフォームをオススメする理由】
  • 運営会社の社内基準・国家基準を通ったリフォーム会社が300件以上登録
  • 3分の入力で複数の会社に一括見積り・提案を依頼出来る
  • 100万円単位で安くなる事もある
  • 見積もりだけでなく、リフォーム計画書ももらえる
  • 工事の要望や相談、アフターサービスも万全

3分の入力で、「アイデア&アドバイス」「リフォーム費用・見積もり」「リフォームプランニング」の3つの提案をもらえます。
もちろん、相談から見積り、アフターフォローまで全てが完全無料。

タウンライフリフォームの画像

利用者のアンケートにて顧客満足度が非常に高いサイトです。

リフォームを検討している方は、業者に相談するよりも中立な立場にある「タウンライフリフォーム」に見積もり、提案依頼する事をオススメします。

⇒「無料一括見積もり、提案はコチラから依頼できます
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする