玄関リフォームで出来る事は?

この記事の所要時間: 245

玄関リフォームで出来る事

玄関はその家の中の印象に大きな影響を与えます。
どんなに部屋が美しくても、玄関が汚ければ「汚い家」と思われてしまうものです。
靴が散らばっていたり、汚れていたり、玄関特有の臭いがあったりすれば、その家の印象は全て台無しになってしまいます。

家の入り口としても玄関は大事な場所で、狭かったり障害物があったりすると、それだけでその家の価値を落としてしまいます。
入口が狭く通りにくい、段差が高すぎて危ない、構造的に玄関としての機能を果たしていないなど、入り口だけではなく、動線としての役目をもつ玄関は、通りやすく安全であることも求められます。

綺麗に仕上がる玄関のリフォーム

リフォームは家のどんな部分でも可能です。
もちろん玄関にもそれは言えることで、リフォームにより玄関は綺麗で使いやすい状態に仕上がります。
玄関は部屋のリフォームのようにリフォームの高価が見てすぐに分かる場所なので、効果の出やすい部分です。

玄関のリフォームで出来ること

玄関ドアの交換

玄関の大事な要素である玄関ドアは、その家の外観だけではなく防犯、玄関自体の使いやすさにも影響するもので、いわば「玄関の心臓部」のようなものです。
玄関ドアの交換はリフォームとしては珍しくなく、玄関をリフォームする場合、まずここを変えてしまうという人も多くいます。
選んで取り付けるだけという手軽さもあり人気のあるリフォームです。

玄関自体の拡張

古い家の玄関は、玄関自体が狭く不便であることもあります。
使いにくい玄関を使いやすくするのもリフォームの1つで、玄関のを広くして出入りがしやすい状態にします。
玄関自体が広くなると収納スペースの確保や見た目の改善も見込めるので、これも効果の高いリフォームです。

玄関を広くする場合はこれまでのドアはほぼ使えなくなるので、玄関ドアも交換することになります。

収納の確保

玄関で意外と大事になるのが収納です。
靴は家族が増えていけばかなりの数になりやすく、靴箱を置いても中に入りきらなくなる事があります。
また、靴箱を置くと玄関の見た目が損なわれる他、見た目が悪くなることもあります。

玄関の収納リフォームは、収納を後から設置するのではなく玄関自体に収納機能を持たせるものです。
通常ならデッドスペースとなる場所に靴箱を作ったり、ウォークインタイプの靴箱を作る事もできます。
見た目を確保しながら収納も作れるので、玄関全体をすっきりと仕上げられるリフォームです。

内装の変更

玄関に入った時に目につく部分を変更するリフォームです。
このリフォームは玄関全体を1つの部屋として扱うようなもので、天井、壁、床を張り替えて玄関の全体像をはっきりとさせます。
玄関の内装を変更する場合は、ドアの交換や収納の確保とったリフォームも同時に行うことが多くあります。

玄関のリフォームは、それぞれが一目見た時の印象を大きく変えてくれ、玄関としての機能も高めてくれるる効果の高いものばかりです。
家の入口を綺麗にまとめられれば、それだけで家の全体像も引き締まります。
玄関が使いにくい、汚いといった悩みがあるのなら全て改善できるリフォームです。

あなたの見積もりは大丈夫?【100万以上安くなる事もあります】

リフォームにて実際に見積もりを取って見る人は多いと思います。
しかし、本当にその価格が適正かどうか分かる人は少ないのではないでしょうか。

実際に相場以上に請求された方も多くいます。
複数の業者と比較をすることで、100万円以上安くなる事例もありました。

国民生活センターでは、1日平均で15件以上の相談もあるほどです。

【リノコで適正価格診断】

  • 約10秒で概算の適正価格を知る事が出来る
  • 完全無料
  • 設立年数、口コミ調査、施工実績のある業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘がない

適正価格を診断できるというメリットだけではなく、相談員が在籍しており無料相談が可能です。
業者紹介の際には、不安・不明点をヒアリングして紹介するので、しつこい営業などもありません。

リノコの画像

既に見積もりをした方も、適正価格を知るためにも一括見積もりする事をオススメします。

⇒「>>簡単10秒!リフォームの適正診断を試してみる。
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする