外壁リフォームの必要性とは?

この記事の所要時間: 235

外壁リフォームの必要性

日々の生活の中で、自宅になんとなく暗い印象を持つことはないでしょうか。
新築のころは綺麗だった家も、時とともにその美しさは劣化していきます。

それは家の内部だけではなく、外部も同じです。
特に外部の場合は内部と違い気候や日光、雨や風といったものを直に受け毎日負荷を受けながら家の中を守っている大切な部分です。
家の外の部分は主に壁にあたる「外壁」と、家の上部、雨などを受け流すための「屋根」に分かれます。
古くはその地域の気候や文化によって形状も材質も変わるものですが、現在では質の良い建築資材や建築技術の発達により日本国内であれば、ほとんど同じような形状や資材が使われています。

昔とは違い建築資材の質が良いので劣化の進み具合も小さいのですが、10年も経ってしまうと家の外観は鮮やかさが失われてしまい暗い雰囲気になる事もあります。

さらに時が進み劣化すると、外壁部分にカビやコケが生えたり、黒い筋のような水垢が出てきて見た目にも汚らしくなっていきます。
洗って落ちればよいのですが、劣化した外壁はカビやコケなどの汚れを付きにくくしたり、落としやすくする性能も失われてしまうため、洗ったくらいでは取れない事がほとんどです。
ハウスクリーニングという専門家の掃除でも汚れを落とすのは難しく、外壁や屋根の内部にまで入り込んでしまうのでたとえプロの掃除屋でも完璧に落とすことは困難です。

また、劣化が進んでいくと外壁や屋根のひび割れや部分的な崩壊といった、家自体の安全性に関わるようなことも起こります。
つまり、家の外壁や屋根は定期的なメンテナンスをしないと家自体の性能や耐久度に関わるということです。

家の外壁や屋根は塗装が施してあるので、基本的にはその塗装をし直すことでメンテナンスを行います。
つまり、この時に色や塗り方を変えてしまえばそれだけで家の外観をリフォームすることができます。
塗装されているペンキ(塗料)によって違いがありますが、おおむね10年から15年ほどで塗り替えの時期を迎えます。
塗替えの時期になると、家の外観はかなり劣化しているはずなので、塗替えを行うと見た目がこれまでとはハッキリと変わり美しくなります。

また、外壁や屋根自体を交換することも可能です。
塗替えよりも費用がかかりますが、外壁や屋根を張り替えることで家の耐久度や断熱性などの性能を上げることができます。
使用する外壁の種類によって家の外観にも影響するので、塗替えとは違う形で家の外観を変化させられます。

「リフォーム」と言えば、家の中や省エネ、耐震といったものが思い浮かぶものですが、リフォームは家の中だけではなく外にも行うことができます。

色やデザインは自由に選択できるので、これまでとは全く違う自宅に仕上げることもできます。
最近家を外から見たらなんとなく暗い、汚れが目立ち洗っても落とせない、家の雰囲気を変えてみたいなどなど、家の見た目をどうにかしたいのなら、外壁と屋根のリフォームを検討してみてはいかがでしょうか。

あなたの見積もりは大丈夫?【100万以上安くなる事もあります】

リフォームにて実際に見積もりを取って見る人は多いと思います。
しかし、本当にその価格が適正かどうか分かる人は少ないのではないでしょうか。

実際に相場以上に請求された方も多くいます。
複数の業者と比較をすることで、100万円以上安くなる事例もありました。

国民生活センターでは、1日平均で15件以上の相談もあるほどです。

【リノコで適正価格診断】

  • 約10秒で概算の適正価格を知る事が出来る
  • 完全無料
  • 設立年数、口コミ調査、施工実績のある業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘がない

適正価格を診断できるというメリットだけではなく、相談員が在籍しており無料相談が可能です。
業者紹介の際には、不安・不明点をヒアリングして紹介するので、しつこい営業などもありません。

リノコの画像

既に見積もりをした方も、適正価格を知るためにも一括見積もりする事をオススメします。

⇒「>>簡単10秒!リフォームの適正診断を試してみる。
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする