お風呂リフォームの追い焚きと差し湯

この記事の所要時間: 233

お風呂リフォームの追い焚きと差し湯

お風呂のリフォームで大事になるのは、浴槽に張るお湯をどういう形で供給するかです。

追い焚きと差し湯

浴槽には蛇口からお湯を入れる差し湯と、浴槽に湯沸器をつけて追い焚きができるタイプがあります。
どちらもお風呂としての機能は十分に果たせますが、使い勝手には差が出てきます。

常に新しいお湯を継ぎ足す差し湯

差し湯は浴槽自体にお湯を沸かす能力がなく、蛇口から出てくるお湯をためにお湯の温度は蛇口から出てくるお湯や水で調整します。
お湯の温度調整は常に新しい温水や冷水が出てくるので、浴槽内のお湯が清潔に保ちやすく、温水や冷水を継ぎ足すことで浮かんでいる汚れも流れてくれるのが利点です。

しかし、お湯の供給を蛇口のみに頼っているので浴槽内のお湯の温度を調整しづらく、また蛇口から出るお湯のみでは温度調節に時間がかかってしまいます。
小さめのユニットバスの浴槽のように、浴槽自体の容量が少ない場合は特に気にすることはありませんが、広い浴槽の場合はお湯が張れるまでの時間がかかります。

浴槽内の水を湯沸器で沸かす追い焚き

追い焚きは浴槽内にあるお湯、または水を湯沸器に送り込み、温めて浴槽内のお湯の温度を維持します。
継ぎ足しに比べて浴槽内のお湯の温度を維持しやすく、また温度を上げるのが早いのが特徴です。
昔からあるタイプのお風呂ですが、浴槽内の水を湯沸器に流すという工程が追い焚きの欠点になっています。

浴槽内にお湯を張るのが早くお湯の温度を維持しやすいのですが、浴槽から配管を使って給湯器に水を流すので配管内に汚れや雑菌が溜まりやすく、定期的に掃除が必要です。
この掃除を怠ると浴槽のお湯に雑菌が入り込み、中毒を起こすこともあるので必須作業なのですが、配管内の掃除は難しくきれいにしようとすれば浴槽に水を張って、専用の洗剤を入れてお湯を沸かすという大掛かりな手間が必要です。
また、浴槽に配管を通す必要があるので湯沸器が使える浴槽を選択する必要があります。

どちらにも利点や欠点がありますが、追い焚きと差し湯が両方できる浴槽もあるので両方の利点を組み合わせて使えます。
給湯器、湯沸器はガス、電気を使ってお湯を作りますが、灯油を使ってお湯を沸かすボイラーもあります。

お湯をわかすには多くのエネルギーが必要なので、電気を使う場合はオール電化住宅が望ましく、プロパンガスを使う地域の場合はガスよりも灯油でお湯を沸かすボイラーを設置するほうが光熱費を節約できます。

自動給湯、自動追い焚き

給湯器には自動でお湯を浴槽に張って自動で止まるものがあり、追い焚きができる湯沸器にも自動でお湯を沸かして温度を維持してくれるものもあります。
どちらも在来工法、ユニットバス、ハーフユニットバスどれでも設置は可能です。

給湯器や湯沸器の機能は、お風呂の使いやすさを決める大事な要素です。
お風呂は毎日使うものなので、妥協をせずに決めたほうが良い結果が得られやすくなります。

あなたの見積もりは大丈夫?【100万以上安くなる事もあります】

リフォームにて実際に見積もりを取って見る人は多いと思います。
しかし、本当にその価格が適正かどうか分かる人は少ないのではないでしょうか。

実際に相場以上に請求された方も多くいます。
複数の業者と比較をすることで、100万円以上安くなる事例もありました。

国民生活センターでは、1日平均で15件以上の相談もあるほどです。

【リノコで適正価格診断】

  • 約10秒で概算の適正価格を知る事が出来る
  • 完全無料
  • 設立年数、口コミ調査、施工実績のある業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘がない

適正価格を診断できるというメリットだけではなく、相談員が在籍しており無料相談が可能です。
業者紹介の際には、不安・不明点をヒアリングして紹介するので、しつこい営業などもありません。

リノコの画像

既に見積もりをした方も、適正価格を知るためにも一括見積もりする事をオススメします。

⇒「>>簡単10秒!リフォームの適正診断を試してみる。
⇒「我が家のリフォーム体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする